スマッシュのコツ


こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

いつもご購読ありがとうございます。
今日のお話が少しでもあなたのテニスのお役に立てますように!

「えっ!どうして??どうしてこんなに簡単にできちゃったの?」
「あんなに練習しても全然できなかったのに・・・」

これはスマッシュが大の苦手だったKさんが発した第一声です。
実はKさんはスマッシュになるとほとんどが空振り・・・
ラケットの先や根元に当たればまだいいほうだったそうです。

「私にはスマッシュと言う文字はない・・・」
「スマッシュなんてなければいいのに・・・」
こんなことを考えていたそうです。

ところがそのKさんが、突然スマッシュを気持ちよく打ち始めました。

そうです。
苦手だったスマッシュが上達してしまったのです。
実は私はKさんに二つのアドバイスをしました。

この二つのアドバイスを実践した結果が先ほどの第一声です。
自分でも信じられないくらい簡単にできてしまった正直な言葉でしょう。

ですがこれにはもちろんちゃんとした訳があります。
Kさんのスマッシュが上手く出来ない原因を解決したのです。
ただそれだけのことです。
物事には必ず原因と結果の法則が成り立っています。
彼女のスマッシュにも同じことが言えました。
彼女のスマッシュがうまく打てないのは、打てない理由があったからです。
ですから、本質的な原因を解決すると自動的に上手く打てるようになって当然なのです。

実はKさんのスマッシュが上手く打てない原因は、
ボールとのタイミングが合わせることができなかったことでした。
フォームや打ち方には全く問題がなかったのです。

いくら打ち方が良くてもタイミングが合わなければ、
ボールはラケットの真ん中に当たりませんよね。

Kさんのスマッシュはちょうどその状態だったのです。

ですから、ボールとのタイミングを合わせることができれば、全ての問題は解決します。
ところが、厄介なことにタイミングが合っていないことは、
Kさん自身もわかっていたようです。
その為にラケットを早く担いで振り遅れないようにしたり、
左手でボールを指差して距離を測ったり・・・・
いろいろKさんなりにがんばっていたのです。

つまり、Kさんなりにボールとのタイミングを合わせて、
ラケットの真ん中にボールを当てようと努力していたわけです。

にも関わらず、現実には練習を繰り返しても、
なかなか真ん中に当たってくれなかったようです。

つまり、Kさんはボールとのタイミングの合わせ方を知らなかったのです。
これがKさんがスマッシュが苦手だった原因です。

そこで私は彼女にタイミングを合わせるために必要なことを二つお話しました。

その結果が
「えっ!どうして??どうしてこんなに簡単にできちゃったの?」
「あんなに練習してもできなかったのに・・・」
というわけです。

ちなみにアドバイスに要した時間はほんの2,3分です。
内容の一つはボールの観方について、
もう一つはタイミングの感じ方についてです。
タイミングの感じ方は実はものすごく簡単なことなんです。

それはお腹が減った時に「お腹が減った?・・」
と感じることと同じぐらい当たり前のことなんです。

この表現はちょっとわかりにくかったかなぁ・・・

どちらにせよ、実はスマッシュはたったこれだけで上達することができちゃいます。

コメント(0)|2008年1月14日10:32 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スマッシュのコツ