上達する為にイメージ作り


こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

さて、今日は世の中の成功法則をテニスに活用する方法をお話します。
机上の空論ではありませんよ。
脳の仕組み上も証明されているメカニズムです。

この方法はきっとあなたのテニスに意識革命を起こすことと期待してください。

ではお話を始めましょう。

まず最初にあなたは考えていただきたいのですが、
「~したい!」と「~できそう!!」この二つの違いをどのように感じますか?
またはこの二つの感情または思いをどのような時にどのように使っていますか?
できれば少し時間をとって考えてみてください。


・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・


さて、あなたはどんな答えが出ましたか?

実はテニスが上達するためにはこの二つがとても重要です。
ですが、ほとんどの方がこの二つを混同して使っているようです。
または全く活用していない方もいます。

非常に残念なことです。

何故ならこれは世の中の成功法則だからです。
世の中に飛行機が存在できたのも・・・
コンピューターが存在できたのも・・・
また、海上を繋ぐ大きな橋が存在できたのも・・・
そして、あなたのテニスが上達するのも

じつはこの二つの感情の使い方です。

では、解説していきますね。

早速結論から言います。
答えは
1.「~したい!!」→2.「~できそう!!」→3.「~できた!!」
と移っていくことがとても重要です。

ところが多くの人は1.と2.が入れ替わっていることが非常に多いのです。
つまりまずできそうな事を考えてそれを「したい!!」と考えてしまうのです。
実はこれでは本当に上達することはできません。

例えば飛行機は「飛びそう!!」と思ったから「飛行機を作りたい!!」と思ったのではないと思います。
コンピューターも同じですね。
できるかどうかわからないけれど「飛びたい!!」の思いが飛行機を作ったのです。

「~したい!!」けれども「~できそう!!」と思うには大きなギャップがある・・・
そのときにどうしたらできそうか???を真剣に考え行動することでやがて
「~できそう!!」なイメージが湧いてきます。
ところがまだ実際に「できそう」と「できた」にもまだまだギャップがあります。
このギャップを埋めるように引き続き真剣に考え、行動することで実際に
「~できた!!!」に変わっていきます。

飛行機もコンピューターも橋もこうして世の中に存在するようになったのです。
つまり今までなかった物があるようになったのです。
無から有を作り出したわけですね。

実はあなたのテニスも全く同じです。
あなたがまだ上達の過程なら
あなたのテニスの実力はまだ無の状態です。
この状態からあなたは有の状態になる必要があります。

安心してください。
この過程で才能や素質はいりません。

ですが・・・
「~したい!!」→2.「~できそう!!」→3.「~できた!!」
この考え方は非常に重要です。

何故ならこの考え方が無から有を作り出す成功法則だからです。
これは脳の発想のメカニズムにも全く当てはまる法則です。

ところが先ほども言ったようにほとんどの人が
と2.が入れ替わっているか・・・
または1.と2.を行ったりきたりしているか・・・
このような状態が非常に多いのです。

残念ながらこれでは本当に上達することはできません。


ぜひ、あなたにはこのことをヒントにしてほしいのです。
そして、あなたの本当にしたいことをまず素直にイメージしてください。
たとえできそうなイメージなんてなくていいのです。

その後にイメージは湧いてきます。
そして、そのためにどうすれば良いかを考えて目標を持って行動するのです。
そうすることで自然とできそうなイメージが湧いてきます。
あとはもう少しです。
そのまま目標をもって考えて行動しましょう!

ある一定の経験量が蓄積されると描いたイメージどおりのことができるようになります。

これが脳のメカニズムです。

上達している人たちはこのメカニズムを活用しているのです。
あなたも是非活用してくださいね!

それでは今日はこのへんで!

コメント(0)|2008年11月17日11:48 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

上達する為にイメージ作り