テニスは考えないほうが上達します。


こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

最近のテニスの調子はどうですか?
いろいろ考えすぎて悩んではいませんか?

あなたも経験があるかもしれませんが、
テニスは考えれば考えるほど上手くいかなくなります。

これには非常に明確な理由があります。
その理由とは考えることは集中状態とは正反対の状態になるからです。

集中状態とは何も考えていない状態のことです。

あなたもこんな経験はないでしょうか?

いろいろアドバイスをいただいて
そのアドバイスを実践しようといろいろ意識して練習しているうちに
よく分からなくなってきて、考えれば考えるほど調子が悪くなってしまって・・・
あきらめて、考えるのを止めて、開き直ると調子が上がってくる・・・
そうすると「やっとアドバイスの意味が分かってきたね!」
と言われることが・・・

このようなことはとてもよくあることです。
そして非常に効率の悪いことです。

正直なところ、昔の私にもたくさんありました。
できれば、あなたにはそのような経験はしてほしくはないのです。

頭で考えることはテニスでは全くの不要です。
(考える事とイメージすることは違うんです)
イメージすることは非常に大事です。
ですが、考える必要は全くありません。

例えばこのような質問を良く受けます。
「コーチ、集中することの大切さは良く分かりました」
「でも、どうやったら集中できるかを考えてしまうんです・・・・」

気持ちはよくわかります。
経験したことがないことを何とかしようと思ったらついつい考えてしまうことは
良くあることです。

でも、実はこれが上達を阻害している一番の原因です。
確かに何も考えずにすることは効率が悪いような気がします。
そして、考えもなくやってもできるような気がしないことも感じるでしょう。

でも、開き直ってみてください。
そして、とりあえずやってみましょう。

確かに考えずに練習することは無駄になってしまう可能性もあります。

ですが無駄の中にしか見つからない本質もあるのです。
集中の感覚などはまさにそうです。

無駄を省こうとするがするがあまり、
正解を追い続けて、
頭で考えて悪循環になる・・・・

非常に良くあることです。

あなたにはその悪循環に陥ってほしくありません。

無駄を承知で何も考えずテニスを楽しんでみてください。
驚くほど簡単に集中の世界に入ることがきっとできるはずです。

あなたには必ずそれだけの能力が備わっています。

コメント(0)|2008年12月10日1:40 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

テニスは考えないほうが上達します。