ストロークでネットミスを無くす方法


こんにちは!

Feeling Tennisの戸村です。

前回のスマッシュについてはいかがでしたか?

楽しいことは起こりましたか^^

さて、今日はある方から質問を受けましたので

そのことについてお話します。

これは以前からお話している内容ですので

過去からこのメルマガをお読みいただいている方には

重複する内容かもしれませんが・・・

その場合は復習だと思ってくださいね^^

さて、その質問とはネットミスについてです。

その方はショートラリーだとほとんどミスをしないと自信があるそうです。

ところが「ロングラリーになるとすぐにネットミスをしてしまう・・・」

こんな悩みでした。

そこで私は一つ質問してみました。

「どんなネットミスですか?」

「勢いなくネットする感じですか?」

「それともピュッと行ってるけどネットする感じですか?」

すると・・・

「結構ピュッっと行ってます」

なるほど・・・

こうなると簡単です。

もしあなたが同じようなミスが多いのなら

今から説明することを実践してくださいね。

劇的にネットミスがなくなりますから^^

実は原因は目線の高さの違いによるイメージのギャップです。

このギャップをなくすには目線を打点の高さに合わせて見てみることです。

つまりベースラインにしゃがんでネットの高さを確認してみてください。

するとどれぐらいの角度でボールを打ちあげないとネットするかが一目瞭然です。

このとき目線の高さは打点の高さと同じぐらいになっています。

つまりもしも、ボールに目が付いていたなら

ボールから見た画面と同じになっているわけです。

実はこのときのネットの高さに対しての打ち出し角度が

実際に必要な打ち出し角度です。

ところが現実には背の高さがあるだけ

目線は上からネットを見てしまうことになります。

実はこれがイメージのギャップを作ってしまっているのです。

このイメージのギャップが無くなれば一瞬でネットミスはなくなります。

そのためには先ほど書いたようにまずベースラインでしゃがみます。

そして自分が狙う高さを腕をのばして指差します。

この時、注意することは狙う高さはネットすれすれではなく、

できるだけ余裕を持った高さを指差します。

その腕の角度を維持したまま立ち上がります。

すると腕の角度は維持しているわけですから立ち上がった分

指先はかなり上のほうを狙っているはずです。

ですが、実はこのイメージが正解です。

このままのイメージを持ってボールを打ってみてください。

ネットミスはなくなり自分が狙った高さにボールが自動的に飛んでいくはずです。

だまされたと思って一度実践してみてください。

実際にしゃがんでみないとだめですよ。

想像の世界ではうまくいきません。

現実に実践してみてください。

自分がどうしてネットしていたのか、すぐに理解できるはずです。

そうしてネットしないイメージがわかるはずです^^

このようなケースのネットミスをなくすのは

これでだいたいうまくいくと思います。

原因はイメージのギャップです。

これさえなくなれば時間は関係ありません。

たぶん数分で問題解決します。

がんばってくださいね!

さて、今日のお話はここまでですが、

セミナーのご連絡をさせていただきます。

下記日程で「Feeling Tennis ワクワクコミュニティー」を実施します。

今回は日曜日ですお間違えのないように!

このセミナーであなたが日ごろ悩んでいることがきっと解決すると思います。

ぜひ遊びにきてくださいね。

ちなみにセミナーのあとは交流会も実施します。

限られた時間ですが楽しくお酒を飲みましょう!!

それでは!!

【実施日時】4月26日(日曜日)

    17:00~19:00 セミナー&質疑応答&情報交換

    19:00~21:00 交流会

【場所】JR大阪駅前 ヒルトンホテル斜め前 貸会議室 ユーズ・ツウ

http://www.kaigishitu.com/asp/kaigi_chizu.asp?Kigyo_Cd=00200379&Tateya_Cd=001

【参加費用】 5,500円(会場費、交流会費の実費のみとなっています)

参加費用は当日頂戴いたします。

*実費のみの参加料となっていますので、

 万が一キャンセルの場合は全額キャンセル料を頂戴いたします。

 ご了承ください。

それでは今日はここまでです。

お役に立てると光栄です。

それでは、また次回をお楽しみに^^

コメント(0)|2009年4月14日6:37 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ストロークでネットミスを無くす方法