テニス 才能


こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

いきなりですが、あなたは素質や才能についてどんな風に思っていますか?
やはり、上達するには素質や才能が必要だと思われますか?

一般的な常識では「素質や才能が上達に関係している」と言われていますね。
ですからほぼすべての人と言っても良いぐらいこの常識を信じていることと思います。

実際に私が「実は上達するには素質や才能は関係ないんですよ」とお話すると、
ほとんどすべての人が驚かれます。
それぐらい当たり前に考えられている常識です。

ですが、私は上達するためには素質や才能は関係ないと確信しています。
脳の仕組みを知れば知るほどすべての人に無限の可能性があることがわかるのです。

私たちは生まれてきた時、個人的な差はほとんどありません。
ただ、成長の過程において脳にどのような情報を記憶させるかによってその能力が決まってきます。

例えばそれはパソコンにソフトをインストールするようなものです。
いくらパソコンそのものが非常に高い機能を持っていようとも
インストールするソフトによってそのパフォーマンスが大きく変わります。

これと非常に良く似ているのです。
つまり、本来は誰もが無限の可能性を秘めたスーパーコンピューターをもっているのです。
ところが、インストールするソフトによって差が出てきてしまうわけです。
これが上達の差です。

逆にいうとインストールの方法さえ間違わなければ、
スーパーコンピューター本来の機能を誰もが発揮することができます。

私はこのことをもっとたくさんの方に知ってほしいのです。
一般的な常識を信じ、自分の可能性を素質や才能で計ろうとする方が本当に多いのです。
そして、自分の可能性を自ら疑ってしまっているのです。

私はこのことがとても悲しいのです。
「本当はもっと大きな可能性を追求できるのに・・・」
といつも感じてしまいます。

ですから、せめてあなたはご自分の可能性を素質や才能で決め付けないでほしいのです。
あなたには無限の可能性があります。
信じてくださいね。

さて、素質や才能は上達に関係ないのであれば
一体何が上達の度合いを決めているのでしょう?

実はこれが集中力なのです。

集中力が高いとレベルの高い情報を脳にインプットすることができます。
ところが、集中力が低いとレベルの低い情報しかインプットすることができません。
これが上達の差です。

繰り返し言います。
決して、素質や才能ではありません。

つまり集中力を鍛えることがその人の可能性を高めていく一番の秘訣なのです。
ところが、この集中力がとても厄介なものです。

目には見えることができません。
そのためにこの力を鍛えることが非常にわかりにくいのです。
ですが、確実に存在します。
そして、この力をつけることで間違いなく素質や才能とは関係ない上達をすることが可能です。

さて、少し長くなってきましたので、この続きは次回お話することにします。
集中力を高め、無限に上達する可能性のヒントをお話します。
お楽しみに!

コメント(0)|2009年6月2日12:09 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

テニス 才能