テニスのフォアハンドストロークのグリップの握り方


こんにちは。
Feeling Tennisの戸村です。

グリップってとっても大切です。
ラケットを実際に扱うのはグリップなわけです。

言い換えれば身体の感覚を伝える一番大切な部分です。

さて、それでは、そのグリップですが、
一番大切な事はまず、「何も考えないでグリップを握ってみる。」

これが重要です。

とっても大切なのでもう一度言います^^

「何も考えないでグリップを握ってみる。」
「何も考えないで」ここがポイント。

持ち方を考えて持つといいグリップがわかりません。

既成概念をもってコンタクトすると余計に良い結果がでません。
何でも一緒ですよね。

人に合う時も既成概念を持ってしまうと本当のその方がわかりません。
グリップも同じなのです(・∀・)b


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ブログランキング


コメント(0)|2010年12月22日11:24 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

テニスのフォアハンドストロークのグリップの握り方