テニスに必要なイメージ


イメージが大切な事はもう皆さんご存知だと思います。

ですが、このイメージ、なかなか伝える事が難しいものです。
多くの方がイメージを間違って捉えているようです。

イメージには大きく分けると能動的なイメージと受動的なイメージがあります。
能動的とは自分で沸かそうと思って沸かす事ができるイメージです。

それとは逆に受動的なイメージもあります。
例えば、自分の打ち方や配球を想像する時は能動的なイメージですね。

では受動的なイメージとはどういう物か?
例えば梅干を想像すると唾が出てくると思います。

これは受動的です。
特に何も意識していないのに自動的に反応が起こります。

実はテニスのイメージはこれが大事です。
つまり、経験によって自動的に出てくるイメージです。

これがプレーの基盤になります。
意識して想像しているイメージは多くの場合、願望や希望になりがちです。

これもイメージには違いないのですが、プレーのレベルを上げるか?
となると非常に疑問です。

かえって空回りする事が多い状態です。
プレーのパフォーマンスを上げる為には集中力が高まった状態、つまり、無の状態が大切です。

その為には願望や希望は邪魔になるのです。
何も考えないで無になると本来の自分の受動的なイメージ、つまり、過去の経験から培われた現実が出てきます。

この状態を作る事が非常に大切なのです。
言い換えれば、この時に自動的に自分の力が発揮されるように経験を積んでおく事が必要と言うことになります。

これが練習であり、トレーニングです。
この基盤が無ければ、想像するだけでは受動的なイメージは沸いてきません。

梅干は食べる経験を繰り返して始めて唾が出てくるようになるのです。
1回や2回では出てきません。

いかがでしょう?
テニスに必要なイメージがどういうものか?

伝わったでしょうか??

コメント(0)|2012年3月14日12:30 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

テニスに必要なイメージ