フィーリングテニス 実践クリニック 5月度 感想


フィーリングテニスの実践クリニック5月度に参加していただいた方達から感想をいただいたのでご紹介(・∀・)b

ご参加いただいた皆さん本当にありがとうございました。
感謝♪感謝♪

「先日のクリニックではいろいろと学びがありました。
また質疑応答や練習後の時間にも色々と質問させて頂いたのですが、明解な答えがすぐに帰ってくるところが戸村コーチはすごいと思いました。

・ボレーは適当でいい。ボールを見ることに集中(行くときも来る時もずっと)
・ボールが相手の打ちにくところに飛んでも気にしない。むしろ相手の練習になる。
・サーブ&ボレーは、「ゆっくりだらだら前へ(歩くくらい)→加速してボレー」のイメージ
・スプリットステップのことは意識しなくていい。多分自然にやっている。
・イメージ通りに打ったつもりで、イメージ通りにボール飛ばないのは、そのイメージ自体が間違っている。ただ自分が正しいと思ってるだけ。ギャップを埋める経験が必要。
・勝つための戦術・戦略はコートの外で前もって準備。プレイ中は考えない。たんたんと球に集中するだけ。すると自然に出てくる。
・練習の質、吸収力を上げるには体調管理も大事。
・感じること、受信が大事。判断するのではなく、ただボールを見続ける。
など・・・

それと、水曜にスクールのレッスンがあり、さっそく手応えを感じたのでご報告します。
スクールのコーチ相手にサーブ&ボレーをする機会がありました。
戸村コーチに教えてもらったサーブ&ボレーのイメージ『歩くように前に行く→加速してボレー』をすることで、勢いのあるファーストボレーを深く打つことができ、さらにその後ゆるく返って来たのを詰めてアングルへ決めるという完全に自分の形でポイントを取る経験ができました。

またこのやり方は、他にもいろいろとメリットが多いと気づきました。
・突っ込みすぎてアングルを抜かれることが少ない。
・フワッとした浮き球への対応でも、突っ込みすぎないので、落ち着いてしっかりハイボレーで決めやすい。
・ガシャリ気味で浅く入ってきた普通ならややこしい球も、バウンドさせて(ハーフボレーではなく)しっかりストロークで打ち込んで攻めてからボレーへ移行できる。
・ストレートにロブを抜かれても、戻ってカバーしやすい。
・自分がフォルトしたり、明らかなリターンミスでポイントが終わることは多いが、その場合でも、無駄に走ってないので体力の消耗を抑えられる。

もともとサーブ&ボレーに苦手意識は無いんですが、明らかに結果がついてこない感じでした。
サーブ&ボレーの質が変わりそうな予感がしています。今はもっと数をこなしたい感じです。

あと全体的な戸村さんの教えとして、自分の感覚が絶対で他に縛りはなく、適当でいいんだという自由な感じがいいですね。一般のスクール生って多分いろいろな思い込みが可能性を狭めているんだろうなあ。
元々わりと好き勝手にテニスをする方でしたが、さらに自由になって解放された感じがします。よりテニスが楽しくなりそうです。

長文失礼しました。」

「5/20のクリニックに参加して最高でした。

前に印刷物で理解していたと思っていたのですが、実際に直で、そのつど指導いただけたので、改めてそういうことだったのかと、わかってなかったことに気づく事がたくさんあって良かったです。

打った後のボールに集中することで、体が勝手に次の動きをする感覚はたまらないです。

あと、クリニック後のミーティングでの質疑応答の時でも、たくさん気づかせていただいた事が多く、このミーティングだけでも、相当なレベルアップになると思いました。
その中で特にスロービデオや雑誌のパラパラ画像を見たら体のイメージがスローになってしまうのでそれを見るのは良くないという話が聞けてこれは非常に大きいです。
だから、これまで僕はスローなスイングしかできてなくて、相手の速い球にスイングが間に合わないケースが多かったということに改めて気づきました。

これからはボールへの反応がとても早くなるという確信が持てて、今後のテニスライフが楽しみです。

ありがとうございました。」

来月のクリニックも楽しみです(・∀・)b

コメント(0)|2012年5月29日9:43 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

フィーリングテニス 実践クリニック 5月度 感想