2012東京テニス合宿 感想


先月のフィーリングテニス東京合宿に参加いただいた方から嬉しい報告をいただいたのでご紹介(・∀・)b

とっても良い感じで魔法にかかってます(笑)

ちなみに次回の合宿は岡山です。

詳細はこちら ⇒ フィーリングテニス岡山合宿

さて、それでは感想です。

あなたにもかなり参考になる内容です。

じっくり読んでみてくださいね(・∀・)b

「戸村コーチ

こんばんは。

8/25-26の東京合宿に参加しました、○○と申します。

まだ暑い日が続いておりますが、お元気でしょうか?

合宿から2週間になりますが、この2週間でテニスに大分変化が現れました!

是非ご報告をしたいと思い、メールさせて頂きました。

1.苦手だったボレーが大好きに!

  

「踏み込むように」と言われ続けて、タイミングが合わなくなり、ポーチにも出られなくなっていたボレーですが、ボールにピントを合わせ続ける事で、パッシングや速いテンポのボレーラリーにも対応できるようになってきました。

  

気が付いたら「ポーチに出たい!」と思って動いていたり、相手を見ていないのに、動く逆方向にボールをコントロールしたりを身体が勝手にしていました。

  

初めて“ボレーって楽しい♪”と思え、リターンダッシュ等、今までやってこなかったプレイにもトライしています!

他に、ボールがこちらに来るまでの時間を今までより長く感じられる様になって、余裕ができたのも大きな変化です。

2.ボールの軌道が読めるように!

多分、自分の打ったボールを観られている時なのでしょうが、相手のボールがどう動いてくるのか感じられるようになって来ました。

  

ストローク中に相手のボールが「あ、コードに当たる」と感じ、気が付いたら前に移動していたのですが、思った通りネットインし、余裕を持って返球できました。

  

「予知能力!?」と感じてしまった程です。

  

でもまだ、深くて速いボールに合わせて後ろに動ききれていないので、無になり続けるトレーニングが必要です。。。

3.サービスでコースを狙えるように!

トスで上げたボールのケバケバがものすごく鮮明に見えるようになってきました。

  

そうなって来た時、トスの高さや場所がどうであっても、「イケる!」と思う瞬間が何回かありました。

「打ちたい!」という欲求ではありませんが、確かに「イケる!」という感覚でした。

  

その時には、適当にパーンと打ったのに狙いたいバックサイドコーナーに飛んで行きました!

面白いのでバックばかり狙っていたのですが、ある時何故かスライスでフォア側に切れていく球を打っていました。

後で気付いたのですが、相手がバック寄りに構えていた様でした。

  

相手を観てもいないのに、感じて身体が打ち分けたのでしょうかっ!?

それともミスショット?(笑)

ともかく本当に効果が表われ、ちょっと自信が持ててきて、テニスが楽しくてしょうがなくなって来ました♪

本当にフィーリングテニスに出会えて良かったです。

ありがとうございます。

そうそう、3日前から「ボール積み」にトライし始めました!

初日は時間をかけて2個積めるようになり、嬉しくて写メを撮って、ニヤニヤ眺めていました。

すると2日目にある変化が。。。

写メ(成功イメージ)を観てから積むと、圧倒的に時間が短くなったのです!

「イメージして行動する効果ってこういうこと!?」と本当に驚きました!

3個にもトライし始めましたが、まだ上手くいってません。。。

でも、3個のボールが調和する瞬間(軸というか串が通る瞬間)を何度か感じ、その時に“視野が開けていくのに更にボールに焦点が合う(すっきりする)”という何とも不思議な感覚を味わいました。

これが本当の集中状態でしょうか?

ともあれ、今後も色々チャレンジしていきたいと思います。

また面白い発見や変化がありましたら、ご報告したいと思います。

長文失礼いたしました。」

いかがですか?

とても良い感じですね。

正に集中状態を体感されてます。

この状態を感じる事ができると自分の可能性に自信が持てます。

そうなると( ̄ー ̄)ニヤリ

まだまだ楽しい事が一杯起こります。

ぜひ、フィーリングテニス合宿、お時間作って参加してください。

お待ちしてます(・∀・)b(・∀・)b

詳細はこちら ⇒ フィーリングテニス岡山合宿

コメント(0)|2012年9月10日10:10 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2012東京テニス合宿 感想