テニスは考え方を変えると急激に上達します。


これはテニスだけではないかもしれませんが、
考え方、捉え方は非常に大切。

なぜならこれは全ての言動の元になるからです。
ちなみにテニスでもこれが非常に大切です。

伸び悩む多くの方は取り組むべき課題が見つかったらその課題をクリアするように意識して練習します。
例えばショートクロスにボールをコントロールして相手を抜くドリルがあったとしましょう。

するとほとんどの人はショートクロスにしっかりとコントロールして相手からポイントを奪うことを意識して練習すると思います。
でも、残念ながらそれではなかなか上達しません。

では、どうすれば良いのか?
ちょっと考えてみてください。

もちろんショートクロスにボールをコントロールする事は非常に大切です。
またこの課題をクリアしていくことも大事です。

ですが、そのことを意識してもなかなか実践では使える状態にはなりません。
一言で言えば非常に脆いプレーヤーになりがちです。

さて、それでは、答えです。

答えは自分がイメージしている事が起こらなかった時のリカバリーを練習するべきです。
つまり、ショートクロスにコントロールしてポイントを奪う練習の時には
ショートクロスに上手くコントロールできなかった時にしっかりと対応できるように練習しておくべきなのです。

ショートクロスにコントロールする事は既に戦術上、決まっているわけです。
後はただ、打つだけ。

ところが、実際には相手のボールが予想以上に良かったらしっかりとコントロールする事が難しい場合もあるでしょう。
また、逆に自分はしっかりとコントロールしたけれども相手もそのボールにしっかりと対応する場合もあります。

と考えれば自分だけがショートクロスにいくらコントロールしようとしても
実はあまり意味がないことです。

現実的ではないのです。
それよりもしっかりとコントロール出来ようが出来まいが関係なく、次のリカバリーが
しっかりと出来なければ安定したプレーはできないのです。

一言で言えば、テニスはリカバリーが非常に大切なのです。

その為にテニスは「イメージしたことが出来るようになる練習」よりも
「イメージしたことが出来なかった時に対応できる力をつける練習」が非常に大切なんですね。

でも、これってこういう考え方が出来ないと練習できないことです。
いかがでしょう?

考え方が大切なのは何となくでも分かっていただけたでしょうか。


コメント(0)|2013年10月6日11:12 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

テニスは考え方を変えると急激に上達します。