テクニック別ヒントコンテンツ一覧

チャンスボールをしっかりと決めるには?

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

早速ですが、今日は先日のレッスンで発見したポイントについて紹介しますね。
もしかしたらあなたにも同じ事が起こっているかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

フットワークを良くするにはボールを集中し素直にボールに反応する事が大事です。

特に相手のラケットにボールが当たる瞬間、
ボールにしっかりと集中しているプレーヤーはボールだけがはっきりと観える状態になります。

ところがボールへの集中力が低いプレーヤーは相手のラケットの動きやフォームが見えます。
その結果ボールへの反応が遅れ、フットワークが遅れます。

もちろん、ショットのレベルも下がり、パフォーマンス全体が下がります。
つまり、言い換えればプレーのパフォーマンスを上げるにはボールへの集中力を上げれば良いわけです。

・パフォーマンスを上げるには?

「ボールに集中する⇒ボールだけを観続ける⇒相手の打つ瞬間もボールがはっきりと観え始める

⇒相手のボールへの反応が速くなる⇒フットワークが良くなる

⇒ボールを打ちやすい打点に早く移動できる⇒ボールをしっかりとヒットできる

⇒ボールのコントロールや威力が向上する⇒パフォーマンスが上がる」

こんな感じです。

さて、それでは、先日のレッスンでの発見です。

実はそのプレーヤーは自分がナイスショットした後のショットでミスをする事が非常に多かったんですね。

例えば。
相手がやっと返したボールをミスする
相手の当たりそこないの短いボールに追いつかない
・・・・

こんな感じです。
では、なぜ、こんな事が起こっていたか?

実はその方は自分のファインショットを打った跡、相手の動きを見ていたようです。
と言うのは、自分のショットが良かった為に、「そのボールに相手が追いつくことができるか?」

これが気になっていたそうです。
なるほど、気持ちはわかりますよね。

良いショットを打てば、場合によってはそれはエースになる可能性がありますから。
その為にこの方はボールを観続けるのではなく、相手の動きを目で追いかけていたわけです。

そうなると当然、相手がボールを打つ瞬間は観えません。
感覚的には突然ボールが帰ってくる感じです。

こうなるともちろん、足も遅れてしまいますよね。
ボールとのタイミングも合わせる事ができません。

実はこれがナイスショットの後のショットをミスしてしまう原因でした。

さて、この事に気がついてから彼のプレーはどうなったか?
次のボールへの反応が良くなり(自然になり)、フットワークが良くなりました。

そうすると自然とボールとのタイミングが合うようになりました。
そして、ボールは?

そうです。
急激にミスが減って、しっかりと次のショットで決めれるようになったのです。

さて、いかがでしょう?

「ナイスショットの時にボールではなく相手を見てしまう」
もしかしたら、あなたにも同じような事が起こっているかもしれません。

また、相手ではなくてもボール以外の物を無意識のうちに観てしまっているかもしれません。
ちなみに、彼はこの事に、気がついていませんでした。

私からのアドバイスで初めて気がついたのです。
実はこういうケースが非常に多いんですね。

自分が本当は何を観ているか?
案外、自分自身が一番分かっていないものなんですね(・∀・)b

本日のお話は以上です。
良かったら参考にしてみてくださいね。


いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

全体で捉える

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

さて早速、今日のテーマ行ってみましょう(・∀・)b

今日のテーマは「全」です。
このままじゃ分からないですね(笑)

では解説してきますね。

ところで、こんな言葉聞いた事がありますか?
「個にして全、全にして個」

私の好きなジブリ作品の「ナウシカ」にも出てきます(笑)
これの「全」をテーマにしました。

実はテニスも「個にして全、全にして個」なんです。
今回はここからヒントを見つけて欲しいんです。

お伝えしたい事はテニスは「全て同じという事」です。

例えば個で捉えるとテニスには
フォアハンド、バックハンド、ボレー、スマッシュ、サービスなどのショットがあります。

これも一つの「個」と言えると思います。

ですが、「ボールを打つ」と捉えればみんな同じ、
つまり「全」とも言えるわけです。

いかがでしょう?
同じテニスの技術なのに、捉え方によって「個」になったり「全」になったりします。

実はこの考え方がテニスの上達には非常に大切です。

よくこんな方がいます。
「フォアハンドのグリップは??」
「フォアハンドのラケットの面は??」
「フォアハンドの振り方は??」
・・・・・・

これは「個」ですよね。
フォアハンドの括りよりもまだ小さい「個」です(笑)

でも、これ本当は「全」でもあるんです。

ところが「個」のみで捉える人はこの「全」がないんです。
つまり、言い換えると「個」は単体で存在し、共通項を見付ける事ができない。

それが実はこだわりになるんですね。
例えば、「フォアハンドのグリップはこう」と「個」で捉えると
それがフォアハンドのグリップと思ってしまってそれ以外の存在がなくなるわけです。

ここに「全」の捉え方はありません。
これがテニスの上達を阻害します。

では「フォアハンドのグリップ」を「全」で捉えると?
「これもある」けど「これもある」・・・

つまり「どれでも良い」⇒「どれも同じ」
こうなるとちょっと「全」ぽいですよね。

同じようにフォアハンドとバックハンドは?
実は一緒♪

こうして「全」として捉える事ができるようになるとどうなるか?
頭の中がシンプルになります。

こだわりがなくなるからです。
その結果は?

実は集中力が増します。
これがテニスを変えてくれます。

逆に上達が止まる方の傾向にこんな事があります。

いろんな事を「たくさん知っている」「理解もしている」
でも実際にテニスは????

この人は「全」がない事が多いです。
それぞれを単体で位置づけているですんです。

このような人の特徴はボールを打つあの短い瞬間にたくさんの事を意識します。
「グリップチェンジ」
「上半身の捻り」
「腕の位置」
「肩の入り方」
「足の踏み込み」
・・・・・・・

言い出したらきりがないほどの事を意識しながら「正しく」ボールを打とうとします。

でも実際に打つと体は「バラバラ」・・・・
そう「バラバラ」なんです。

つまり、「個」の集まりです。
「全」ではありません。

ただ、「個」が集まっているだけ。

残念ながらこれではテニスは上達しません。

では、上級者はどうか?
例えば、「グリップ」

気持ちの良いグリップは知っています。
でもそこに拘らないです。

「足の踏み込み」
同じように知っています。

でもそこに拘りません。

そして、ボールを打つと??
全体の動きがが滑らかです。

そうつまり「全」です。
いかがでしょう?

何かヒント見つかりそうですか?

実は今のテニスの技術論はほとんどが「個」で表現されています。
だから、正しいフォアハンドは「グリップはこう」「テークバックはこう」「インパクトはこう」・・・

こんな感じです。
でも、この落とし穴にあなたは入らないでください。

確かに「個」の存在はあります。
でも「全」でもあるんです。

「個にして全、全にして個」
ここからヒントを見つけていただけると幸いです。(・∀・)b

本日は以上です。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴




リラックスするには?

どんなショットであっても筋肉は緊張するとスムーズに動く事ができません。
もちろん、パワーも出ません。

スイングには筋肉の緊張は必要ないんですね。
簡単言えばリラックスした状態で動く事が大事。

それはスピードが欲しいからです。

ところがリラックスは口で言うほど簡単ではありません。
リラックスしようと思ってもその感覚が分からなければその状態になる事はできません。

では、どうしたら、その感覚を身に付けることができるか?
実はとても効果的な方法があります。

それはもっと力んでスイングする練習を少しする。
そして今度はその力むことを止める。

リラックスは後者の状態です。
この練習を繰り返すと自然とリラックスするコツを掴むことができます。

リラックスすることができない人はリラックスの状態を知らないからです。
その為に強制的にリラックスしている状態を体験すればよいわけです。

それには比較が一番効果的。
一度、力むと力んでいる状態を自覚します。

そして、今度は力みを止める。
ここで大切な事はリラックス使用としないこと。

ただ、力むことを止める。
これだけで自然とリラックスします。

あとはその状態をしっかりと自覚できるようにこの練習を繰り返すことです。

リラックスが上手にできない方は参考にしてみてくださいね。


テクニック別ヒント
1 / 2712345...1020...最後 »