サービスコンテンツ一覧

セカンドサーブを強化しましょう。

こんにちは。
Feeling Tennisの戸村です。

サーブに悩みを抱える方は非常に多いですね。
確かにサーブが入らないとテニスは始まりませんから。

とっても重要なショットですよね。
中でもセカンドサーブは特に重要です。

本当のサーブ力はセカンドサーブで分かります。
いくら素晴らしいサーブでも、一か八かのファーストサーブでは現実には使いようがありませんし、
結果も出ません。

ところがセカンドサーブはそうではありません。
必ず、重要な場面でセカンドサーブを使う場面が来ます。

その時に、セカンドサーブのレベルが高いと非常に有利です。
もちろん、セカンドサーブでエースを取ったり、レシーブミスを誘えたりすれば素晴らしい事ですが、
そうではなく、相手から攻められないで、次の主導権を握れるようなサーブであればよいのです。

テニスでは、自分のサービスゲームをキープする事が基本です。
その為には、セカンドサーブの強化に時間を充てる事はとっても現実的な練習なのです。


にほんブログ村 にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

サーブをコントロールするコツ!

どうして?
こんにちは!
最新テニス上達法「Feeling Tennis」の戸村です。
【テニスはメンタルスポーツだ!】へのご訪問ありがとうございます!

上手くボールをコントロール出来ないプレーヤーは
「どうすれば?
ボールをコントロールできるんだろう?」
と考えます。
上手くボールをコントロール出来るプレーヤーも
その理由を聞かれると
「どうして?
ボールをコントロールできるんだろう?」
と考えます。

殆どかわりませんね。
上手くボールをコントロールできないプレーヤーは
今はまだ解らないコントロールする為のコツが何かを考えるわけですね。
ですが解らないわけです。
ところが
上手くコントロール出来るプレーヤーもまた解らないのです。
自分がどうしてボールをコントロールできるか?
その理由がわからないのです。
出来るのだけれどもなぜコントロールできるかは実は解らないのです。

テニスでは解りにくいかもしれないので
自転車で考えてみましょう。
自転車に乗れない人は
「どうすれば?乗れるんだろう?」と
考えます。
ところが
自転車に乗れる人も
理由を聞かれると
「何故乗れるんだろう?」
と考えます。
どうです?
あなたは自転車に乗れる理由わかりますか?
つまり、ボールをコントロールできる理由も自転車に乗れる理由も
実は頭では解りません。
不思議ですね。

ただ言える事は一度自転車に乗れるようになってしまうと、
今度はこける事の方が難しくなります。

実はテニスも同じなんですよ。
サーブをコントロールする感覚が一旦身についてしまうと、
今度はコントロールミスする方が難しくなってしまうんですね。

人間って凄いですね・・・

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

【Feeling Tennis】トップに戻る

ダブルフォールトをなくそう!

「空間認知力」
もしかしたら、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
これは空間にある対象の位置を
イメージとして認知する力の事です。

簡単に言ってしまえば、
眼を閉じても、対象の位置を正確に指す事が出来るか?
ということです。
実はこの力がテニスの上達には不可欠です。

テニスボールはイメージでコントロールします。
グリップやフォームなども実はイメージによって表現された結果にすぎません。
ラケット面、スイングの方向、足を踏み込み方、・・・・・
これら全てがイメージでコントロールされています。
つまり、身体の全ての動きはイメージによって同時にコントロールされているのです。
これらを意識的に全てをコントロールする事は絶対に不可能です。
(ある一部分だけを意識的にコントロールしようとすると今度は全体のバランスが崩れてしまいます)
イメージによって、これらの動きは全体のバランスをとりながら
コントロールされているわけです。

さて、実はこのイメージの中に空間認知力が大きく関係します。

ボールのコントロールがなかなか良くならない人は
空間を認知する感覚が甘く、間違った位置を認識している場合が多いのです。
例えばターゲット練習をしているとしましょう。
その時、自分の意識ではターゲットの位置をしっかり狙っているつもりでも、
実はそうではない場合があるのです。
これはまずターゲットの位置を確認し、その後、身体を横に向けフォアなら左手で、バックなら右手でターゲットを指差してみることで確認ができます。
実はコントロールが定まらない人は、
この時ターゲットの位置を指差せていない場合が多いのです。

これではなかなかボールをコントロールする感覚は身に付けることはできません。
これはどういうことかと言うと、
例えば眼を閉じて指差すとターゲットよりも右に1mずれたところを指差しているとしましょう。
そうするとこれは脳の中のイメージでは右に1mずれたところにターゲットが存在していると認識している訳です。
つまり身体全体が無意識のうちに実は右1mのところへ打とうとしているわけです。
ところが打った後右に1mずれたところへ飛んでいったらどうするでしょう?
通常は「もう少し左へ打とう!」
とすることでしょう。
でもちょっと待ってください!
右に1mずれたところに飛んで行ったこのボールは
実はコントロールが良い事がお解かりになりますか?
そして、また感覚的にはぴったりのはずです。
つまり気持ちよくボールが打てたはずなのです。

ところが自分のイメージが右に1mずれた所を狙っている事を知らないと
当然、次はもう少し左を強引に狙ってしまうわけです。
これではいつまでも感覚と現実が一致しません。
つまり、ボールをコントロールする感覚が分からない訳です。

ボールをコントロールする為には
自分の感覚と現実のボールとを一致させなければいけません。
「こんな感じの時、ここへ飛んで行く!」
「この感じは、あそこへ飛んで行く!」
ということが感じられなければいけないのです。

ボールをコントロールする感覚はイメージから生まれてきます。
その為にイメージの位置がずれていると現実とはいつまでも一致しないわけです。
これではいくら練習してもボールをコントロールする事はできません。
それどころか練習すればするほど強引にボールをコントロールする癖がつき
かえって感覚的なギャップが生まれるのです。
その結果、いつまでもボールがどこへ飛んで行くのかが分からない
というより、ボールを打った時
「何かしっくり来ない。。。。」
「よく分からないけど気持ち悪い。。。。」
という感覚が残ります。
ところが、イメージと現実が一致するようになると
「あっ!気持ち良い!」
「振り抜ける!」
「打球感が詰まらない!」
などとても爽快な打球感を味わう事ができます。
もちろん、ボールのコントロールも良くなります。

これらの違いの始まりは実は空間認知力という
眼に見えない力なのです。
この力を使い、狙う場所を正確にイメージする事が
ボールのコントロールを良くする為に最初にするべきことなのです。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

サービス
4 / 512345