ストロークコンテンツ一覧

チャンスボールをしっかりと決めるには?

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

早速ですが、今日は先日のレッスンで発見したポイントについて紹介しますね。
もしかしたらあなたにも同じ事が起こっているかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

フットワークを良くするにはボールを集中し素直にボールに反応する事が大事です。

特に相手のラケットにボールが当たる瞬間、
ボールにしっかりと集中しているプレーヤーはボールだけがはっきりと観える状態になります。

ところがボールへの集中力が低いプレーヤーは相手のラケットの動きやフォームが見えます。
その結果ボールへの反応が遅れ、フットワークが遅れます。

もちろん、ショットのレベルも下がり、パフォーマンス全体が下がります。
つまり、言い換えればプレーのパフォーマンスを上げるにはボールへの集中力を上げれば良いわけです。

・パフォーマンスを上げるには?

「ボールに集中する⇒ボールだけを観続ける⇒相手の打つ瞬間もボールがはっきりと観え始める

⇒相手のボールへの反応が速くなる⇒フットワークが良くなる

⇒ボールを打ちやすい打点に早く移動できる⇒ボールをしっかりとヒットできる

⇒ボールのコントロールや威力が向上する⇒パフォーマンスが上がる」

こんな感じです。

さて、それでは、先日のレッスンでの発見です。

実はそのプレーヤーは自分がナイスショットした後のショットでミスをする事が非常に多かったんですね。

例えば。
相手がやっと返したボールをミスする
相手の当たりそこないの短いボールに追いつかない
・・・・

こんな感じです。
では、なぜ、こんな事が起こっていたか?

実はその方は自分のファインショットを打った跡、相手の動きを見ていたようです。
と言うのは、自分のショットが良かった為に、「そのボールに相手が追いつくことができるか?」

これが気になっていたそうです。
なるほど、気持ちはわかりますよね。

良いショットを打てば、場合によってはそれはエースになる可能性がありますから。
その為にこの方はボールを観続けるのではなく、相手の動きを目で追いかけていたわけです。

そうなると当然、相手がボールを打つ瞬間は観えません。
感覚的には突然ボールが帰ってくる感じです。

こうなるともちろん、足も遅れてしまいますよね。
ボールとのタイミングも合わせる事ができません。

実はこれがナイスショットの後のショットをミスしてしまう原因でした。

さて、この事に気がついてから彼のプレーはどうなったか?
次のボールへの反応が良くなり(自然になり)、フットワークが良くなりました。

そうすると自然とボールとのタイミングが合うようになりました。
そして、ボールは?

そうです。
急激にミスが減って、しっかりと次のショットで決めれるようになったのです。

さて、いかがでしょう?

「ナイスショットの時にボールではなく相手を見てしまう」
もしかしたら、あなたにも同じような事が起こっているかもしれません。

また、相手ではなくてもボール以外の物を無意識のうちに観てしまっているかもしれません。
ちなみに、彼はこの事に、気がついていませんでした。

私からのアドバイスで初めて気がついたのです。
実はこういうケースが非常に多いんですね。

自分が本当は何を観ているか?
案外、自分自身が一番分かっていないものなんですね(・∀・)b

本日のお話は以上です。
良かったら参考にしてみてくださいね。


いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

インパクトのスピードを上げる

久しぶりの更新になってしまいました(汗)
今日はスイングのインパクトのスピードについてです。

これは最近自分でも感じることなんですが、
どうも腕は一度下に下げるとスイングのスピードはかなり下がるようです。

ここでポイントは「下がる」と「下げる」の違いです。
ボールに回転をかけるには当然ラケットは下から出てくる必要があります。

これは物理的絶対に必要です。
でも、これを意識して下げるとインパクトが弱くなります。

そんな事を意識しなくても一気にボールに向かって行っても(感覚的に)
全く問題なくラケットを下から出てきてボールに回転がかかります。

人間の体は凄いですね。
いちいち意識しなくても勝手に望む結果を出してくれます。

この感覚で振れるようになってからボールにスピードがかなり増しました。
自分では力入れていないのに・・・

本当に人間の体は微妙です。


ロビング 使い方

先日のレッスンで感じた事です。

ロブの使い方を知らない方が非常に多い。

例えば同じロブでも使い方が違えば全く違う結果が出ます。

当然の事です。

ちなみに攻撃的なロブと言えばトップスピンロブをイメージする方が多いかもしれませんが、これはちょっと危険。

一般的なプレーヤーでトップスピンロブを使う場面がどれほどあるか?

実はそれほどありません。

なぜなら相手のスマッシュ力がそれほど無い場合が多いから。

女性プレーヤーならなおさらです。

もちろん、トップスピンロブを否定しているわけでも身につける必要がないと言っているわけでもありません。

大切な事は自分のショットが基準ではなくて相手次第だと言う事です。

ですから、レベルが上がってくればトップスピンロブが必要になるでしょうし、そのレールの上に乗っかっていれば良い。

でも、間違えるとトップスピンロブを打つ事が目的になってしまいがち。

残念ながら、このサイクルにはまってしまうと上手くなっているように見えても試合では結果出ません。

相手に関係なく、自分勝手にプレーするからです。

ではどうすれば良いか?

ロブには大きく分けると二通りの目的があります。

攻撃的なロブと守備的なロブ。

ここでは攻撃的なロブについて。

攻撃的なロブで一番大切な事は?

時間を与えない事です。

相手にスマッシュされる高さではダメなのはもちろんです。

つまり、相手が届くか届かないかのギリギリ少し上のところを通す。

そうする事で相手にとっては非常に時間がないロブを打つ事ができるわけです。

このロビングを打たれると相手は本当に困ります。

なぜならジャンプしても届かない。

かといって後に走っていっても届かない。

先ほど言ったトップスピンロブはこの延長にあるというわけですね。

いかがでしょう?

お伝えしたいニュアンスは伝わったでしょうか?

大切な事はテクニックではありません。

ショットの目的と意味です。

その結果、必要なテクニックを身につける。

この順番が大切です。

ストローク
1 / 1112345...10...最後 »