スマッシュコンテンツ一覧

スマッシュ 振り遅れ

今日のお話はスマッシュの振り遅れについて。

スマッシュが振り遅れてしまう人の原因のほとんどが上に上がって行くボールに集中できていない事です。

ボールが頂点から落ちてくる時には集中しているんですけどね。

でもこれじゃ振り遅れるのです。

ボールとのタイミングはボールの動きに常に同調している必要があります。

ボールを打つ時にだけボールに集中してもダメなんですね。

どこかで意識がボールからそれるとそれが原因で遅れ始めます。

こんな状態の時は「ボールは見えている」「自分では打てそうと思っている」にも関わらず、実際に打ってみると振り遅れてラケットも根元に当たるミスが出ます。

こんな時に遅れないようにテークバックを速く準備しても結果は変わりません。

それどころか余計に迷路にはまり込みます。

そこに原因はありません。

大切な事は相手のインパクトから常にボールに集中する事。

そうすれば自然と一番良いタイミングでテークバック~インパクトできるようになります(・∀・)b

スマッシュを上達するには?

こんにちは。
Feeling Tennisの戸村です。

すっかり、涼しくなってきましたね。
あの恐ろしいほどの暑さが嘘のようです。

さて、今日はスマッシュについて少しお話します。
あなたはスマッシュがお好きですか?

非常に攻撃力が高いショットですから、ぜひとも武器にしたいショットですが、案外苦手に思っている方も多いようです。
特に女性はなおさらかもしれません。

でも、本当はそれほど、難しいショットではないんですよ。
ちなみに、スマッシュは一度そのコツを掴んでしまうとわりと調子の波がありません。
と言うのは、ロビングにはそれほど、スピードの変化がないからです。

他のショットは相手次第でいろいろなスピードのボールが飛んできます。
それに対して、対応しなければいけません。

ところが、スマッシュだけは上から落ちてくるボールはそれほど、スピードが変わらないのです。
よほどのスピンロブでなければ。

つまり、大体いつも同じようなタイミングで打つ事ができるショットと言えるのです。
ですから、一度そのタイミングを掴んでしまうとそれほど、乱れる事はありません。

ところが、スマッシュの苦手な方はこのタイミングを掴む事ができないんですね。
Feeling Tennisを実践する為の最重要な生理的ヒットポイントの事です。

では、どうして、このタイミングが上手く取れないのか?
理由はとても簡単です。

いろいろ考えたり、意識したりしてしまうからです。
これは別にスマッシュに限らず、どんなショットでも同じですが。

ちなみにスマッシュのミスで多いのはタイミングが遅れてしまう事です。
ですから、これを改善する為に、早くラケットを担ぐ事を意識したり、ボールとの距離を測る為に左手を意識したり。。。
こう言う事を意識する(またはさせられる)為にボールへの集中度が下がります。
その結果、いつまでも生理的ヒットポイントがわからないんですね。

スマッシュのタイミングを取る為にはまず、頭で何も意識しない、考えない、
そして、ボールに集中し、生理的ヒットポイントを感じてヒットする。

これだけです。
とっても簡単なんですよ。


にほんブログ村 にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ



ブログランキング

空間認知力の大切さ

こんにちは!
最新テニス上達法「Feeling Tennis」の戸村です。
【テニスはメンタルスポーツだ!】へのご訪問ありがとうございます!

「空間認知力」
もしかしたら、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
これは空間にある対象の位置を認知する力の事です。
そして、その位置をイメージとして正確に記憶する力です。

実はスポーツにはこの力はとても大切なのです。
特にテニスではこの力を伸ばさない限りはボールをコントロールする事はできません。

この力を使い、イメージとして正確に記憶しているかどうかは
眼を閉じて、対象の位置を指す事でチェックすることができます。

この力には個人差があります。
そして、また繰り返し使うことで
この力を伸ばす事ももちろん可能です。

ボールはイメージでコントロールされます。
グリップやフォームなども実はイメージによって表現された結果にすぎません。
ラケット面、スイングの方向、足を踏み込み方、・・・・・
これら全てがイメージでコントロールされています。
つまり、身体の全ての動きはイメージによってコントロールされているのです。
潜在意識と言ってもいいかもしれません。

顕在意識によってこれらの全てをコントロールする事は絶対に不可能です。
潜在意識によってイメージどおりになるよう、
これらの動きは全体のバランスをとりながらコントロールされているわけです。

実はイメージにはこの空間認知力が大きく関係するのです。

ボールのコントロールがなかなか良くならない人は
空間を認知する感覚が甘く、間違った位置を認識している場合が多いのです。

例えばターゲット練習をしているとしましょう。
その時、顕在意識ではターゲットの位置をしっかり狙っているつもりでも、
実はそうではない場合があるのです。

これはまずターゲットの位置を確認し、
その後、眼を閉じて身体を横に向け
(フォアなら左手で、バックなら右手)
ターゲットを指差してみることで確認ができます。

実はコントロールが定まらない人は、
この時ターゲットの位置を指差せていない場合が多いのです。
指差している場所がずれているという事は
ターゲットの位置を正確に認知していないわけです。

例えば眼を閉じて指差すと
ターゲットよりも右に1mずれたところを指差しているとしましょう。
この場合イメージでは
右に1mずれたところにターゲットが存在していると認識している訳です。
つまり潜在意識は実は右1mのところへ打とうとしているわけです。

そして実際にボールを打つと右に1mずれたところへ飛んで行きました。
事前に眼を閉じてターゲットの位置をチェックしていなかったらどうするでしょう?

通常は顕在意識によって「もう少し左へ打とう!」
と修正しようとすることと思います。

ところが右に1mずれたところに飛んで行ったこのボールは
実はコントロールが良い事がお解かりになりますか?
そして、また感覚的にはずれがないのです。
つまり気持ちよくボールが打てたはずなのです。

ところが自分のイメージが右に1mずれた所を狙っている事を知らないと
当然、次はもう少し左を強引に狙ってしまうわけです。
これではいつまでもイメージ(潜在意識)と現実(顕在意識)が一致しません。
つまり、ボールをコントロールする感覚が分からない訳です。

ボールをコントロールする為には
自分のイメージと現実のボールとを一致させなければいけません。
「こんな感じの時、ここへ飛んで行く!」
「この感じは、あそこへ飛んで行く!」
ということが感じられなければいけないのです。

ボールをコントロールする感覚はイメージから生まれてきます。
その為にイメージの位置がずれていると現実とはいつまでも一致しないわけです。
これではいくら練習してもボールをコントロールする事はできません。
それどころか練習すればするほど強引にボールをコントロールする癖がつき
かえって感覚的なギャップが生まれるのです。

その為にボールをコントロールできないだけでなく、
ボールを打った時
「何かしっくり来ない。。。。」
「よく分からないけど気持ち悪い。。。。」
という感覚が残るのです。

ところが、イメージと現実が一致するようになると
「あっ!気持ち良い!」
「振り抜ける!」
「打球感が詰まらない!」
などとても爽快な打球感を味わう事ができます。
もちろん、ボールのコントロールも良くなります。

これらの違いの始まりは実は空間認知力という
眼に見えない力なのです。
この力を使い、狙う場所を正確にイメージする事が
ボールのコントロールを良くする為に最初にするべきことなのです。

このように潜在意識と顕在意識が一致するような練習方法を実践すると
驚異的に上達する事ができるのです。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

【メールアドレス】

  class="btn" />

※【Feeling Tennis 特別無料版】

【わずか10分でストロークが30回以上も続くようになってしまう方法】

に興味のある方はメールマガジンにご登録ください

折り返し無料ダウンロード用パスワードをお送りいたします。




【Feeling Tennis】トップに戻る


スマッシュ
1 / 3123