ボレーコンテンツ一覧

テニスのボレーが上手くなる練習はこれ

今日はボレーの練習法についてです。
できるだけ早い時期にボールを飛ばす距離を変える練習をしましょう。

できればコートの3箇所ぐらいに的をおきます。
ネット前、真ん中あたり、そして、ベースラインあたり。

この的を順番にコントロールする練習をします。
ちなみに初心者の方にこの練習をするとどれが一番簡単か?

答えはネット前。
ところが・・・・

この練習をしないで経験者になっていくと??
実はネット前が一番難しくなります。

これは何故だか分かりますか?
答えはボレーのフォームだけを覚えていくからです。

その結果、距離を変える感覚を覚える事無く経験者になっていきます。
その為にドロップボレーが非常に難しくなるわけです。

そんな事にならないようにできるだけ早い時期に3箇所全部の的にコントロールする練習をしてください。
自然と全部打てるようになりますよ(・∀・)b

*無料のメールクリニックを動画や音声で紹介しています。
よかったらどうぞ(・∀・)b



ボレーボレー

ボレーボレーはとっても良い練習方法ですよね。
でも、このボレーボレーも練習の目的と集中点を間違えるとせっかく練習しても上手くなりません。

そこで今日はボレーボレーの練習のポイントをお話します。
まず、最初にするべき事はボレーボレーで反応を磨く事です。

相手との距離が近いのでボールへの反応を求められます。
そして、ボレーではこの反応が非常に大切。

いくらラケットの面が上手く作れても、
ボールへの反応が遅れたらボールはコントロールする事はできません。

その為にはボレーボレーは本当に良い練習です。

では反応を良くする為に大切なポイントは?
それはフォームや打ち方、打つコースを意識しない事。

人の反応は無意識の反応が一番速いのです。
これを反射運動と言います。

例えば、熱いやかんに触れてしまったら?
体が勝手に手をひっこめますよね。

でないとやけどしちゃいます。
これを反射運動と言います。

こんな事って誰もが経験しているはずです。

実はテニスでもこの反射運動をすれば良いのです。
(テニスの場合は正確には小脳反射運動と言いますが)

その為に必要な事。
それはフォームや打ち方、打つコースを意識していては反射運動が出来ません。

ですから、先ずはこんな事を意識する事を止めるのです。

でも、こういうとほとんどの方が言います(コーチも含めて)
「それじゃ、いつまでもフォームもコントロールも身に付かないじゃないか」

いいえ、そんな事はありません。
反応を速くしてからそのような練習に移るのです。

考えてみてください。
運動経験があって、反応の速い人がコントロールやフォームを身につける練習をする場合と
そうでない人が同じ練習をする場合。

どちらが速く上手くなるか?
当然前者ですよね。

という事は、もっと上手くなる為にはまず反応を速くするのです。
そして、コントロール。

これを繰り返す。
ところが伸び悩む方はこれを一緒にしようとする。
場合によっては逆にする。

これがボレーが上達しない原因です。



フォアハンドボレー インパクト

昨日はスタッフのみんなと練習♪

あんまり調子は良くなかった(笑)

でも、一つ大きな発見♪

それはフォアハンドボレーのインパクトなんですが、どうも打点が前過ぎているようで、上手くインパクトできない。。。

そこで、ボールにもう少しスライス回転をかけるようにイメージを修正。

すると( ̄ー ̄)ニヤリ

う~ん♪

いい感じのインパクト。

タイミングもばっちりなので急に安定しました。

口ではなかなか説明できませんが、ラケットの動きも勝手に変わりました。

こういう経験をすると人間の体って本当に凄いなぁと思っちゃいます。

だって、勝手に正しいことをしてくれるわけですから。

さて、その後、トレーニングの一環も兼ねてみんなでフリークライミングへ♪

初めての経験だったんですが、これ良いですね。

全身の筋肉を使います。

間違いなくテニスのトレーニングになりますね。

たぶん、振られた時のショット安定するようになります。

それにしても自分の体力のなさに驚愕w(゚ロ゚;w

ちょっとこれから続けてみようと思います(・∀・)b






ボレー
1 / 712345...最後 »