テクニック別ヒントコンテンツ一覧

頭のおしゃべりを止めるとボールの距離感が分かります。

こんにちは!
最新テニス上達法「Feeling Tennis」の戸村です。
【テニスはメンタルスポーツだ!】へのご訪問ありがとうございます!

「あっ!ボールが近い!」
「あっ!遠くて打ちにくい!」
「前だ!走らないと!しまった、行き過ぎた」
「あれ?ボールが来なかった!」
「うわっ!足元まで飛んで来た!これじゃ打てないよ!」

どうです?
こんな経験はありませんか?

実はこれ、ボールが「どこまで飛んでくるか解らない」
悩めるプレーヤーの頭の中の声です。
当然の事ですがボールを正確にヒットする為には、
まずボールがどこまで飛んでくるのかが、わかる必要があります。

良いプレーヤーはボールがどこまで飛んでくるのかが感覚的にわかるので、
前もってその場所に行き、いつも同じようにボールをヒットする事が出来るんですね。

ところが、ボールがどこまで飛んで来るのか解らないプレーヤーは、
スタンスが決まらず、打点の高さもばらばらで、
ボールをヒットする時にいつもバランスを崩してしまうのです。
これではボールのコントロールも安定しませんよね。

つまり、上達する為には、ボールがどこまで飛んで来るのかが
(頭ではなく感覚的にですけどね)
解らなければいけないんです。

そこでコーチはボールの飛んでくる距離が解らない人に、アドバイスします。
「ボールの飛んでくる距離を予測して、細かく足を動かして調整してくださ?い」
だいたいこんな感じだと思います。

でも、ここでちょっとショッキングな事をお話します。
実はボールの距離を予測して動いていては、
いつまでもバランスよくヒットすることはできません。
そして、足を細かく動かしても、ボールの距離が解らなければ、
調整する事はできません。
つまり全く無駄な努力と言ってもいいかもしれません。

実はボールの飛んで来る距離が解るようになる為には、
ボールの動きをイメージ化する必要があるんですね。
言い換えると感覚的に分かる、又は感じる事が必要なわけです。
これは言い換えると真っ暗闇の部屋の中でも
電気のスイッチの場所が分かるようなものです。
つまり、頭ではなく、感覚的に解っているんですね。

良いプレーヤーは無意識のうちに、ボールの動きがイメージ化できています。
その為に、身体が勝手にボールとの距離を測って足が動きます。
実は良いプレーヤーはボールの動きを予測していないのです。

ところがうまくボールとの距離を測れないプレーヤーほど、
自分がどこに行けばいいのか考え、そして頭で予測しているのです。

ボールの飛んで来る距離が解るようになるには、
実は予測したり、考えたりするのではないんですね。

その為には頭の中のおしゃべりを止めることです。
セルフトークがなくなると自然とボールに集中し
結果的にボールの動きがイメージできるようになります。
そうすればボールの距離感は自動的に分かるようになります。

あなたも今日から頭の中のおしゃべりを止めるようにしましょうね。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

【Feeling Tennis】トップに戻る

スパッと気持ち良いフィーリングを感じよう!

こんにちは!
最新テニス上達法「Feeling Tennis」の戸村です。
【テニスはメンタルスポーツだ!】へのご訪問ありがとうございます!

「調子が良い時のあのスパッとした感覚で打ちたいんだけどなぁ」
「気持ちよく振り抜ける、あのフォームを覚えたいんだけどなぁ」
「どうしたら?あのスパッとした気持ち良い感覚で打てるようになるんだろう?」
「スパッと振り抜けるあの気持ち良いフォームを身に付けたいんだけどなぁ」

こんな事を思う事ありません?
上手くボールが打てた時って、本当に気持ちが良いですよね。

身体には何の違和感も残らずに、
ただ打ち終わった後に心地よさだけが残る、
何とも言えない爽快感です。

この心地よさが楽しくてテニスをプレイする方も多いのでは?
(実は私がテニスを始めたきっかけもこの心地よさなんです)

ところが、上手く打てない時は身体のどこかに詰まった感じや、
重たい感じがあって、身体の動きが何かギクシャクしますよね。

ボールを打つ時には、いつもあの爽快感を感じていたいものです。
では、どうすれば?
あの爽快感をいつも感じる事ができるのか?

実は、ボールを打った時の、あのスパッとした何とも言えない爽快感は
フォームが良くなっても感じることはできません。

一般的にはフォームが良くなると、
振り抜きが良くなって、あの心地よさを感じられるように思われていますが、
実はあの心地よさはフォームとは関係ありません。

ですから、フォームがいくら良くなっても感じられない時は感じられないのです。
では、どんな時にあの心地よさが感じる事が出来るのか?

実はあの心地よさは身体の動くタイミングとボールをヒットするタイミングが
一致した時にだけ感じられる心地よさなのです。
この二つがずれた時には、
詰まったり、ギクシャクしたりという違和感を身体に感じます。

ですから、フォームがいくら良くなっても、タイミングがずれてしまうと
あの心地よさは感じられないのです。

ですから、いつも心地よいあの感覚を感じるようになる為には、
フォームが良くなるように練習するよりも、タイミングを合わせる能力を高める事が必要なのです。

ボールとのタイミングを合わせていつもスパッという気持ちよさを感じましょう。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

【Feeling Tennis】トップに戻る


落ち着きましょう。

こんにちは!
最新テニス上達法「Feeling Tennis」の戸村です。
【テニスはメンタルスポーツだ!】へのご訪問ありがとうございます!


実は私達の脳はドキドキしている時(不安を感じている時)や怒っている時に
いくらたくさん練習しても、脳の運動回路はスムーズに働かないように出来ています。
つまり、「上達しない。。。。」という事なんですね。
その理由は、運動回路をスムーズに働かせるには
脳の中のホルモンが大きく関係するからなんです。

つまり、ドキドキ(不安)している時や怒っている時に分泌されるホルモン状態では
身体が上手く動かない状態なわけです。

ということは、
ドキドキしたり、怒ったりしている時の練習は全く意味が無い事になるんですね。

具体的には
「あっ!ロビングが上がった。。。どうしよう。。。。」
「返せなかったらどうしよう。。。相手に悪いなぁ。。。。」
「今日はなんか調子悪い。。。イライラするな。。。」
こんな感じの時
脳の中はアドレナリン、又はノルアドレナリンといわれるホルモンで
いっぱいになってしまいます。

これでは身体は上手く動きません。
これらは活動ホルモンの一種です。
ですから、全く分泌されていないと活動は出来ないのですが
実はそのバランスが大切なんですね。

テニスが上達する為には
身体は常に反射運動が出来る状態でいなければいけません。
その為には活動ホルモンのバランスが大切です。

感情が崩れると脳の中では無意識のうちにホルモンのバランスが崩れてしまうのです。
その結果、脳の運動回路がスムーズに働かなくなります。

実はこれがスポーツには落ち着いた精神状態が必要である本質なんですね。
今日からもう少し落ち着いてスマッシュしてみましょう。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

【Feeling Tennis】トップに戻る

テクニック別ヒント