テクニック別ヒントコンテンツ一覧

テニスの上級者が実践している事・・

当たり前の事ですが、上級者になればなるほどよりシビアなコースにボールをコントロールしますよね。
つまりピンポイントでボールをコントロールします。
逆に初級者になればなるほど
コートの中央にボールが集まります。

つまり上級者になる為には
よりピンポイントにボールをコントロールするようにならなければいけません。
さて、ではどうすればより短い時間でピンポイントにボールをコントロール出来るようになるのか?

それはコントロールできる、出来ないに関わらず
シビアなコースをイメージして練習をするということです。

上達が遅れてしまう人には
ボールをコントロールする事が出来るようになってから
シビアなコースを狙おうとする傾向が強いのです
ですがこれでは実は上達が遅れてしまいます。

これは
英会話教室に通って英語が上手くなってから
海外に行くのと同じです。
これでは実はなかなか英語をしゃべれるようにはならないのです。

それより、直接海外に行ってその場で英語に慣れ親しむ方が
何倍も上達は早いのです。

実はテニスもこれと全く同じ事なのです。

コントロールする事ができるようになってから
シビアなコースを狙っていたのでは
なかなか上達する事ができません。

最初は全く英語がしゃべる事が出来なくて、
たくさん失敗しても実際に使っている方が早く使いこなせるようになります。

シビアなコースも同じです。
最初はミスをしていても
どんどんチャレンジする事でシビアなコースへ打てるようになってくるのです。
これが実は上達への早道なんです。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ



ボールのコントロールはフィードバック練習から

テニスボールをコントロールする為にはフィードバック練習を続ける事が大切です。
フィードバックとは行動や反応をその結果を参考にして修正し、
より適切なものにしていく仕組みの事です。

テニスももちろんこの仕組みを使わなければいけません。
だってどんなに運動神経が発達している人でも
全くの経験なしに
いきなり上手く出来る事などありえません。

ただ、俗に運動神経が良いと言われる人たちは
「このフィードバックシステムの精度が高い」とは
言えるかもしれません。
つまり一つの事から10の事を知る事ができるのか?
それとも一つの事から一つの事しか知る事ができないのか?
ということですね。

さて、ではどうすれば一つの事から10の事を知る事ができるのか?
それはより細かい情報にピントを合わせることです。
自分の意識や感覚を研ぎ澄まし
細かい、小さな情報にも気付くように集中する事です。

では、テニスのターゲット練習で説明してみましょう。
ここに4m四方のターゲットがあります。
そして、また、30cm四方のターゲットもあります。
どちらのターゲットを使って練習した方が
より速く上達すると思いますか?

もちろん答えは30cm四方のターゲットです。
なぜなら30cm四方のターゲットの方がよりシビアなコントロールを
身に付ける事が出来るからです。
4m四方のターゲットでは大きすぎてすぐに的に当るようになるでしょうが
上達はすぐに止まってしまいます。
(ましてやターゲットを置かない基本練習はほとんど役に立ちません)

ところが30cm四方のターゲットにコントロールするように練習すると
話はかなり変わってきます。
だってすぐには当りませんから。

そこにはより細かい情報に気付く集中力が必要になります。
でなければターゲットにコントロールする事ができません。

もう一度言いますが、フィードバックシステムとは
行動や反応をその結果を参考にして修正し、
より適切なものにしていく仕組みの事です。

つまり、30cmターゲットを狙って打った行動の結果
(その結果どんなボールだったのか?)
を参考にし、よりコントロールをよくしていくわけですね。

その為には曖昧な感覚で練習していたのではいけません。
例えば今、1の単位が感じられる集中力や感覚であれば
それを0.1の単位が感じられる集中力や感覚に!
0.1の単位が感じられる集中力や感覚であれば
0.01の単位が感じられる集中力や感覚に!
研ぎ澄まさなければいけないのです。
そうする事によって
自然と一つの事から10の事を知る事ができるようになってくるのです。
つまりフィードバックシステムの精度を高くする事ができます。

でも実はこれはとても簡単な事なのです。
あなたはビックリ箱の中に手を入れる時
どのようにして手を入れますか?
もしかしたら
あなたの嫌いな蛇や蛙が入っているかもしれません。
その時、あなたは全神経を手に集中させて箱の中に何が入っているのかを
探るでしょう。
場合によってはすぐに手を抜く事ができるように、
最高の反応をするように。

どうです?
あなたはテニスのボールを打つときに
自分自身の感覚を研ぎ澄ますように
全神経を集中させていますか?

実はこれがテニスの上達するには不可欠な感覚です。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

ボレーを安定させたいプレーヤーへ

私は指導する方達に最初に必ず1000回のボレー&ボレーを課題にします。
これは集中力の強化が目的です。

なかなか最初はできませんが
集中する感覚が解ってくると
誰もが1000回を達成できます。
1000回続けるには時間にして約15分?20分ぐらいでしょうか
その間ノーミスでずっと続けるんですよ^^

この経験をしたプレーヤーは
「なんかいつまででも続きそう!」
「失敗しそうにない!」
「なんか身体が勝手に動く!」
というような感想を口にします。

こういう経験が大切なんですね
集中とは感覚です
つまり頭で理解する事ではないんですね
実際に経験して!
体感して!
身体で覚えていく必要があるわけです。

そうする事で理屈ではなく
実力として集中力が高くなっていくのです。

そして試合ではこの力が一番大切なのです。
試合では
「どうして勝ったのかわからない???」
「何もしていないのに??相手が勝手にミスしてくれて???」
こういう勝ち方が大切です。
それは自分の方が集中力が高かったからなのです。
その結果相手の方が先にミスをしてくれているのです。
逆に何をしても自分の方が先にミスをしてしまうのは
相手の方が集中力が高いわけですね。
試合の結果はそうして決まっていくものなのです。

どうです?
あなたも1000回ラリー挑戦してみては?

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

テクニック別ヒント
27 / 27« 先頭...1020...2324252627