テクニック別ヒントコンテンツ一覧

テニスのボレーが上手くなる練習はこれ

今日はボレーの練習法についてです。
できるだけ早い時期にボールを飛ばす距離を変える練習をしましょう。

できればコートの3箇所ぐらいに的をおきます。
ネット前、真ん中あたり、そして、ベースラインあたり。

この的を順番にコントロールする練習をします。
ちなみに初心者の方にこの練習をするとどれが一番簡単か?

答えはネット前。
ところが・・・・

この練習をしないで経験者になっていくと??
実はネット前が一番難しくなります。

これは何故だか分かりますか?
答えはボレーのフォームだけを覚えていくからです。

その結果、距離を変える感覚を覚える事無く経験者になっていきます。
その為にドロップボレーが非常に難しくなるわけです。

そんな事にならないようにできるだけ早い時期に3箇所全部の的にコントロールする練習をしてください。
自然と全部打てるようになりますよ(・∀・)b

*無料のメールクリニックを動画や音声で紹介しています。
よかったらどうぞ(・∀・)b



ボレーボレー

ボレーボレーはとっても良い練習方法ですよね。
でも、このボレーボレーも練習の目的と集中点を間違えるとせっかく練習しても上手くなりません。

そこで今日はボレーボレーの練習のポイントをお話します。
まず、最初にするべき事はボレーボレーで反応を磨く事です。

相手との距離が近いのでボールへの反応を求められます。
そして、ボレーではこの反応が非常に大切。

いくらラケットの面が上手く作れても、
ボールへの反応が遅れたらボールはコントロールする事はできません。

その為にはボレーボレーは本当に良い練習です。

では反応を良くする為に大切なポイントは?
それはフォームや打ち方、打つコースを意識しない事。

人の反応は無意識の反応が一番速いのです。
これを反射運動と言います。

例えば、熱いやかんに触れてしまったら?
体が勝手に手をひっこめますよね。

でないとやけどしちゃいます。
これを反射運動と言います。

こんな事って誰もが経験しているはずです。

実はテニスでもこの反射運動をすれば良いのです。
(テニスの場合は正確には小脳反射運動と言いますが)

その為に必要な事。
それはフォームや打ち方、打つコースを意識していては反射運動が出来ません。

ですから、先ずはこんな事を意識する事を止めるのです。

でも、こういうとほとんどの方が言います(コーチも含めて)
「それじゃ、いつまでもフォームもコントロールも身に付かないじゃないか」

いいえ、そんな事はありません。
反応を速くしてからそのような練習に移るのです。

考えてみてください。
運動経験があって、反応の速い人がコントロールやフォームを身につける練習をする場合と
そうでない人が同じ練習をする場合。

どちらが速く上手くなるか?
当然前者ですよね。

という事は、もっと上手くなる為にはまず反応を速くするのです。
そして、コントロール。

これを繰り返す。
ところが伸び悩む方はこれを一緒にしようとする。
場合によっては逆にする。

これがボレーが上達しない原因です。



テニス サーブ スタンス

今日はサーブのスタンスについて。

サーブのスタンスにもいろいろありますね。

昔マッケンローというカリスマプレーヤーがいましたが彼は極端なクローズドスタンス。

彼ほどではないにしてもエドバーグは少しクロス。

それに対して、ベッカーは逆に少しオープン。

サンプラスやフェデラーはスクエアに近い感じ。

また、グラフは最初は少し後においている右足を打つ前に引き寄せてきます。

ちょっと紹介しただけでもこれだけあります。

さて、ここで何が言いたいか?

それはスタンスはみんなばらばらだと言う事です。

つまり、絶対の正しいスタンスがないという事。

この発想を持つ事が非常に大切です。

逆に正しいスタンスにこだわると自分にとっての感覚を磨く事ができません。

ではスタンスは何を基準に決めるのか?

また身につけるのか?

それはあなたの持っている狙うコースのイメージと実際にボールを打つ時の感覚を一致させる事。

この感覚を磨く事で、実は自分にとってのスタンスが自然とわかるようになります。

例えばスタンスの向き、足の開く角度、足の幅・・・・

書き始めればきりがありませんが、このようなスタンスを決める要素がだんだんはっきりと解ってきて、自分にとって自然で打ちやすく、なおかつボールの威力、コントロールがしやすいスタンスがわかるのです。

この感覚は残念ながら正しいスタンスを探している人にとってはいつまでわからない感覚なのです。

こんなお話をもっと知りたい方はメールクリニックに登録してみてくださいね。

もちろん、無料です。

動画や音声で詳細にご紹介します(・∀・)b

テクニック別ヒント
3 / 2712345...1020...最後 »