テクニック別ヒントコンテンツ一覧

ロビング 使い方

先日のレッスンで感じた事です。

ロブの使い方を知らない方が非常に多い。

例えば同じロブでも使い方が違えば全く違う結果が出ます。

当然の事です。

ちなみに攻撃的なロブと言えばトップスピンロブをイメージする方が多いかもしれませんが、これはちょっと危険。

一般的なプレーヤーでトップスピンロブを使う場面がどれほどあるか?

実はそれほどありません。

なぜなら相手のスマッシュ力がそれほど無い場合が多いから。

女性プレーヤーならなおさらです。

もちろん、トップスピンロブを否定しているわけでも身につける必要がないと言っているわけでもありません。

大切な事は自分のショットが基準ではなくて相手次第だと言う事です。

ですから、レベルが上がってくればトップスピンロブが必要になるでしょうし、そのレールの上に乗っかっていれば良い。

でも、間違えるとトップスピンロブを打つ事が目的になってしまいがち。

残念ながら、このサイクルにはまってしまうと上手くなっているように見えても試合では結果出ません。

相手に関係なく、自分勝手にプレーするからです。

ではどうすれば良いか?

ロブには大きく分けると二通りの目的があります。

攻撃的なロブと守備的なロブ。

ここでは攻撃的なロブについて。

攻撃的なロブで一番大切な事は?

時間を与えない事です。

相手にスマッシュされる高さではダメなのはもちろんです。

つまり、相手が届くか届かないかのギリギリ少し上のところを通す。

そうする事で相手にとっては非常に時間がないロブを打つ事ができるわけです。

このロビングを打たれると相手は本当に困ります。

なぜならジャンプしても届かない。

かといって後に走っていっても届かない。

先ほど言ったトップスピンロブはこの延長にあるというわけですね。

いかがでしょう?

お伝えしたいニュアンスは伝わったでしょうか?

大切な事はテクニックではありません。

ショットの目的と意味です。

その結果、必要なテクニックを身につける。

この順番が大切です。

フォアハンドボレー インパクト

昨日はスタッフのみんなと練習♪

あんまり調子は良くなかった(笑)

でも、一つ大きな発見♪

それはフォアハンドボレーのインパクトなんですが、どうも打点が前過ぎているようで、上手くインパクトできない。。。

そこで、ボールにもう少しスライス回転をかけるようにイメージを修正。

すると( ̄ー ̄)ニヤリ

う~ん♪

いい感じのインパクト。

タイミングもばっちりなので急に安定しました。

口ではなかなか説明できませんが、ラケットの動きも勝手に変わりました。

こういう経験をすると人間の体って本当に凄いなぁと思っちゃいます。

だって、勝手に正しいことをしてくれるわけですから。

さて、その後、トレーニングの一環も兼ねてみんなでフリークライミングへ♪

初めての経験だったんですが、これ良いですね。

全身の筋肉を使います。

間違いなくテニスのトレーニングになりますね。

たぶん、振られた時のショット安定するようになります。

それにしても自分の体力のなさに驚愕w(゚ロ゚;w

ちょっとこれから続けてみようと思います(・∀・)b






スマッシュ 振り遅れ

今日のお話はスマッシュの振り遅れについて。

スマッシュが振り遅れてしまう人の原因のほとんどが上に上がって行くボールに集中できていない事です。

ボールが頂点から落ちてくる時には集中しているんですけどね。

でもこれじゃ振り遅れるのです。

ボールとのタイミングはボールの動きに常に同調している必要があります。

ボールを打つ時にだけボールに集中してもダメなんですね。

どこかで意識がボールからそれるとそれが原因で遅れ始めます。

こんな状態の時は「ボールは見えている」「自分では打てそうと思っている」にも関わらず、実際に打ってみると振り遅れてラケットも根元に当たるミスが出ます。

こんな時に遅れないようにテークバックを速く準備しても結果は変わりません。

それどころか余計に迷路にはまり込みます。

そこに原因はありません。

大切な事は相手のインパクトから常にボールに集中する事。

そうすれば自然と一番良いタイミングでテークバック~インパクトできるようになります(・∀・)b

テクニック別ヒント