テクニック別ヒントコンテンツ一覧

ストローク ショートラリー

ストロークの練習の一つにショートラリーがありますね。

ストロークの感覚を磨くにはとっても良い練習方法です。

実はこのショートラリーですが、お恥ずかしい話、長い間できませんでした。

ボールが飛びすぎてしまって、どうしても無理にボールをコントロールしている状態が長い間続きました。

今振り返ってどうしてそんな事になってしまっていたか?

今なら分かります。

答えは簡単。

必要な基本的な感覚を身につける練習を飛ばしていたこと。

ついつい自分の打ちたいボールが願望ばかりが先走りして、しなければいけない事をちゃんとしていなかったんですね。

ちなみに、この事に気がついたらショートラリーは簡単にできるようになりました。

そして、それに伴ってストロークの感覚が見違えるように良くなりました。

さて、ここで何が言いたいか。

やはり基本は大事。

基本を飛ばしても上達には頭打ちがくると言うことですね。

ボールへの感受性

ボールに集中している時とボール以外の物に集中している時に一番はっきりと現れる違いは?

それは、ボールへの感受性です。
私達人間は意識を集めた物を感じる事ができるようになっています。

逆に言うと意識を向けなければ感じる事ができないということです。
つまり、感受性が下がるということですね。

では、ボールへの感受性が下がるとプレーはどうなるか?
ボールとの距離感やスピード感、タイミングなどが合わなくなります。

その結果、気持ちよくボールを打てない状況になります。
この時はとってもイライラが募るストレス状態になりがちです。

せっかくテニスをしていても楽しくないわけです。

多くの場合、このような状態になると、上手く打てない理由をフォームや打ち方などだと勘違いします。
そして、泥沼にはまっていきます。

ひどい場合にはスランプに陥るというわけです。

ですが、ボールに意識を向ける事ができれば、この問題はすぐに解決します。
ただし、「ボールに意識を向ける事ができれば」です。

ボールへの集中が下がっている時は自分ひとりではなかなかその世界から抜け出す事ができないのです。
発想を変える何かのきっかけが必要ですね。

ストローク レイトヒット

レイトヒット、つまり振り遅れの事ですね。

実はテニスのほとんどのミスはレイトヒット。

このレイトヒットが無くなればほとんどのミスは無くなると思います。

ただし、ここで言う振り遅れは打点の問題ではありません。

確かに完全に振り遅れて打点が後に狂っている場合もあります。

ですが、実は打点が前過ぎるのに、振り遅れが原因という場合もあるのです。

これは、遅れているのに気がついた為に、焦る。

そして、その結果、ボールのタイミングを追い越して、打点だけが前になったケース。

実はこれがけっこう厄介な物です。

単純に遅れて打点が後になったケースよりも改善するのに時間が掛かる可能性が高いのです。

なぜなら、感受性が非常に低くなっている状態でヒットするからです。

そして、その状態が癖になっている場合が考えられるからです。

もちろん、自分では焦っている意識はありません。

ただ、「あ!遅れている」と感じる、そして、遅れないようにヒットしようとする。

その結果、打点が前過ぎたり、場合によっては打点だけは良かったり。。。

ですが、これはレイトヒットなのです。

根本的な問題を解決しなければ、安定したショットを身に付ける事はできません。

テクニック別ヒント