テクニック別ヒントコンテンツ一覧

パッシングショットを抜くには?

相手の横を抜いていくパッシングショット。

決まると爽快です♪

でも、これが最初なかなか抜けてくれません。

さて、パッシングショットのコツとは?

それは受信状態になる事。

パッシングショットを身につけていく為に、最初に必要な感覚。

それは「ん?あのボールがどうして抜けて行くんだろ??」

こんな感じです。

つまり、自分は抜く気が無いのになぜだか抜けて行く。

そんなボールです。

「よし!あそこを抜くぞ!」で抜くわけではありません。

これは力技(笑)

自分よりもレベルの高い人には抜けていきません。

それより、何も考えず、ただ、ボールに集中して感じるままに打つ。

この状態で抜ける経験をします。

すると、さっきのような感覚になるわけです。

これって実は受信している状態になるんですね。

自分が「あそこを抜こう!」と発信している状態は相手がそれを受信します。

つまり、「読まれる」と言うことです。

これでは、いつまでもパッシングショットを抜く感覚を身につける事はできません。

相手の発信を受信できる状態。

これでプレーできるようになるとボールは自然と相手の取れない所に飛んで行くようになります(・∀・)b

ボレーの時に飛んでしまう。。。

先日メールでこんな質問をいただきました。

「ボレーの時に上に飛んでしまうそうです」

「どうしたら、飛ばなくなりますか?」

こんな感じです。

この方は自分でも知らないうちに、ボレーをする時に上にジャンプして打ってしまっているんですね。

それをコーチに「飛ばないで打ちましょう」指導された。

そりゃそうですよね、上に跳べばそれだけ体がぶれて上手くボールをヒットできません。

さて、ところで、この問題はどうすれば治るか?

実はとっても簡単。

本当の自分に気がつけば良いだけ。

この方の一番の問題は自分が飛んでいる事に気がついていないこと。

と言ってもこの方が特別なのではなく、みんな同じ、上手く出来ない事にはこのような自分が気づいていないギャップが必ずあります。

そして、このギャップに自分自身が気づく事ができれば問題はすぐに解消します。

この方も同じです。

ちなみにこの方も、それまで、かなり悩んでいたにも関わらず、簡単に解消してしまったそうです。

その為に私はあるアドバイスをメールで返信しました。

メールで2行だけ。

それを実践してももらっただけです。

その2行とは自分に気がついてもらうための方法です。

すると、どうなったか?

自分がしている事に客観的に気がついた。

すると、自動的に問題は解消された。

問題が解消するってこんなものです。

問題には必ず原因があります。

その原因を解消すれば問題は自動的に解消します。

だから、上達に時間は関係がないわけですね(・∀・)b

テニス バックハンド トップスピン

バックハンドのトップスピンで悩んでいる方へ。

まず、スピンをかける意識を捨てましょう。

意識すればするほど、実は身体は上手く動いてくれません。

それよりも大切な事はまず、タイミングよくボールをしっかりと捕らえる事。

これが一番大切です。

ボールを捕らえることができれば、そこに変化を加える事はそれほど、難しい事ではありません。

でも、逆にボールを捕らえていないと、なかなかボールに変化を加える事ができないのです。

つまりトップスピンもかからないということです。

まずは素直にボールを捕らえてみましょう。

これが一番大切です(・∀・)b


テクニック別ヒント