フォームコンテンツ一覧

威力のあるボールを打つ為に

誰もがスピードがあって、威力のあるボールに憧れますよね。
でもこのスピード・・
案外勘違いしている方が多いようです。

実は筋肉は無意識で動かしている時に一番速く動かす事ができます。
知ってました?
意識して筋肉を動かしている時は
実は速くは動きません。
「速く振ろう!」
「こうして振ってみよう!」
こんな事を思っている時は実はかえってスピードが遅くなるわけです。

こんな経験ありませんか?
手元から物が落ちそうになった時に
「あっ!」
と思っとたん手が勝手に物をキャッチした経験。
誰もが良く似た経験を一度はしていると思います。
実はこの時は腕を速く動かそうなどとは思っていません。
ただ反応しただけです。
「物を落とさない」という目的(イメージ)があって
それに対して自然に反応しただけなのです。

これが一番身体が速く反応する状態なのです。
つまり速いボールを打っているプレーヤーほど
実は速さを意識していないのです。
逆にスピードを意識しているプレーヤーほど
スピードがでないのです。

スピードアップをしたい人、
スピードを忘れましょう。
そうすれば実は自然とスピードがあがるものなんですよ。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

良いフォームを身につける為に!

当たり前の事ですがテニスが上達する為には
自分の身体をコントロールする能力が高くないといけません。
ですが、実は自分の身体をコントロールする事はそれほど簡単な事ではないのです。

自分の身体なのでつい「自分が思ったとおりに動いて欲しい」
と思うものですが、
実は自分の身体は自分の身体ではないのです。
禅問答みたいですね。

私達の身体は産まれた時そのほとんどを自覚する事ができません。
つまり手がどこにあって、足がどこにあって、耳が、目が、。。。。
これら全てが最初は分からないのです。
自意識がないと言ってもいいかもしれません。
それがいろいろな経験を積む事によって
脳の中にネットワークが作られます。
その結果自分の腕や手や足、その他の部分をだんだんとコントロールする事が出来るようになるのです。

逆に言うとネットワークが出来ない限りは
例え自分の身体の一部であってもその部分をコントロールする事はできないのです。

実はテニスが上達する為には日常の生活ではあまり使わない筋肉や感覚が必要になります。
という事は
まだネットワークされていない部分をコントロールしなければいけない
と言う事なんですね。

つまり、極端に言うと産まれたままの状態の部分を使うという事なのです。
ですから、「自分が思ったとおりに動いて欲しい」と思っても難しいのです。

それが
「頭で解っているのに身体はなかなか言う事を聞いてくれない。。。」
理由なのです。

このような状態から自分でイメージしたようにコントロールできるようにするには
まず脳の中にネットワークを作る必要があるわけです。
(赤ちゃんが自分の腕のネットワークを作ったように)
その時一番大切な事は
「自分の身体を感じる」事なのです。
今自分の身体はどのように動いているのか?
又は動いていないのか?
できるだけ細かく観察するようにするのです。
これがネットワークを作るために一番大切な事なのです。

通常は自分の身体をコントロールしようと身体に命令するのが一般的ですよね。
「ここをこうしよう!」
「足はこういう風に動かそう!」
「腕はこんな感じで。。。」
これらは身体からしてみると命令される事になるのです。

これでは脳の中にネットワークを作るにはとても時間がかかるのです。
その結果なかなか自分の身体をコントロール出来ないわけです。

ところが命令する事を止めて
今自分の身体がどのように動いているのかを観察するようにするのです。
そうする事でより短い時間で自分の身体をコントロールする事が出来るようになるのです。

自分の身体は自分の身体ではありません。

ポイントは自分の身体を観察する事なんです。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

フォーム
9 / 9« 先頭...56789