メルマガ バックナンバーコンテンツ一覧

テニスで自信をつけるには?

こんにちは!

フィーリングテニスの戸村です。

さて、早速ですが、こんな質問をいただきましたのでシェアしますね。

「「自信」についてのお話で、どう練習すればよいものか困惑しております。

『意識する事を繰り返すと「意識する」癖がつきます。これが一番厄介です。』とありました。

例えば、ソフトテニスはウエスタンブリップのワングリップで、ラケットの片方の面しか使いません。

その癖を直すのに、意識し硬式用の打ち方(ボレーは両面を使い、バックハンドは両手打ちなど)で練習しますが、

意識せずに打つとソフトテニスの打ち方に戻るような気がします。

意識した練習の積み重ねにより、ソフトテニスの「癖」がだんだんと硬式テニスの「癖」に変わり、

いづれ意識しなくても硬式用の打ち方になるのではないでしょうか!?

 前回、「何も考えず、ただ経験するだけでよい♪」これはこれで分かる、ような気がするのですが。

意識せずに、この「癖」を直すのには…単に「意識・無意識」を言っておられるだけで、

見当はずれの質問でしょうか?(><)ご教授をお願いいたします。」

同じような悩みをお持ちの方がたくさんおられると思いますので

良かったら参考にしてみてくださいね。

確かに軟式の癖があるとつい軟式の感覚で打っちゃいますよね。

これを直すには新しい回路を作るのがポイントです。

それにはただ、新しい練習をするのが一番です。

具体的の例をあげると?

例えばストロークのバック。

フォアとバックを交互に打つ基本練習をします。

この時、最初は当然、硬式のバックで打つように意識するでしょう。

ですが、フォアとバックを交互に打つ事が決まっていますから、

最初の5球ほど意識したら後は機械的に打つ事ができるでしょう。

つまり、無意識です。

と言うより、バックハンドを意識するのではなく、ボールに集中します。

そうすればボールに集中すると硬式のバックを打つような新しい回路が作られます。

ただこれだけでOKです。

間違った練習は実際の打ち合いの中で硬式のバックを打つ事を意識しながら練習する事。

または、先ほどの交互に打つ基本練習でも、常に硬式のバックのフォームを意識しながら練習する事。

このような練習は無意識ではないので感覚を掴む事ができません。

その為に常に硬式のバックを意識していないと打てなくなります。

このような状態では、硬式のバックが打てるようになっているにも関わらず、

ずっと自信を持つ事はできなくなります。

ですから、このような場合は新しい回路を作るための基本的な反復練習をする事が大事になります。

これはボレーなんかも同じですね。

いかがでしょう?

参考になりましたでしょうか?

このようなご質問があったらどんどんお便りくださいね。

みんなでシェアし合えば悩みが解決し、みんながもっともっとテニスが楽しくなると思います。

ぜひぜひ、お待ちしていますね。

それでは、本日は以上です。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

フィーリングテニス

戸村基貴

間違いのミスはありません

こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

今ふと気がつきました・・・
私がこのメルマガを書き始めて何と290回目です・・・

我ながらよく続いているなぁと感心しています。
週に2回のペースで配信していた時もありますが
結構な月日が経ちました。

内容はどうあれ、私のその時感じていることを書き綴ってきましたが
それなりにお役に立てたこともあるようです。

これまでにけっこうの量のメールをいただくことができました。
ありがたいことです。
本当に感謝しております。

さて、いきなり感慨深い思いになってしまいましたが
これからも思った事を書き綴ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

ところで先日テニス雑誌「スマッシュ」の原稿を書いている時に感じた事を
少しお話したいと思います。

実は脳には間違いという概念はありません。
特にスポーツにおいては間違いはないのです。

体は常に脳が描いたイメージ通りに動いてくれています。

ところが結果をミスした場合に「間違った・・・」と感じてしまう方がいます。
そして、間違わない方法を探そうとする方がいます。
でも実はそんな方法は存在しません。
そうして、閉回路の迷路に迷い込んでしまいます。
考えても考えても上達することができません。
とても苦しいテニスです。

正直私にもそんな時期がありました。

今日はそんな方にヒントになればと思います。

先ほども言いましたが脳と体に間違いはありません。
常にイメージに基づいて正確に動いています。
ではどうしてミスが発生するのか?

実はミスと間違いは全く次元の違うものだからです。

結論を言うと成功(上達)はミスの先にしか存在しません。

これはどういう意味かというと、
上達するとは小脳にそのスポーツに応じた神経回路を作ることなんです。
この回路はミスをすることで正解を探すように作られていきます。

少し例え話をしますね。
ここに10本の糸があります。
その先の1本だけに飴玉がついています。
糸の先は見えません。
あなたは飴玉が欲しくて糸を引っ張ります。
1本目「はずれ・・」
2本目「はずれ・・」

さあこのときのはずれは正解ですか?
それとも間違いですか?

間違いではありませんよね。
何故ならどんなに遅くても10本目には必ず飴玉に繋がるからです。

お分かりになりますか?

つまり、ミスをすることが成功へとつながっているのです。

脳はこのような考え方で神経回路を作っていきます。
ですからミスすることなく上達などはありえないのです。
安心してくださね。
あなたのミスは間違いではありません。
成功へ近づくために大切なミスなんですよ。

あせらずミスを楽しんでくださいね。

ミスを間違いだと勘違いしてしまうと
焦ってミスしない方法を探したくなります。

でも実はそんな物は存在しません。

そのままミスを受け入れ楽しんでいるとゴールが見えてきます。

ところがミスしている道を間違った道だと思って、
引き返してしまうとせっかく、もうすぐゴールが見えてくるのに反対方向に進むことになります。
そして、次の道も同じことです。
ミスを受け入れ楽しんでいるとゴールが見えるはずなのに・・・
また、間違いだと思って引き返してしまう・・・
こうして閉回路に入ってしまいます。

でも、安心してください。
実はこの閉回路から抜け出すことは簡単です。

それは、成功はミスの先にしかない事を知ることです。
そしてミスを受け入れ楽しむことです。

たったこれだけです。
安上がりでしょ(笑)

たったこれだけであなたの脳と体は自動的に成功する為の神経回路を作ってくれます。
間違いなくです。

安心してください。
そして、自信を持ってください。

焦って引き返せば引き返すほどゴールは遠のいてしまいます。

焦って引き返したくなったら、良かったら私にメールをください。
少しはお役に立てるかもしれません。

それでは、今日はここまでです。

テニスの調子が悪くなる3つの原因

こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

さて、最近のあなたのテニスの調子はどうですか?
楽しめていますか?

楽しいから始めたはずのテニスが楽しめない状態になることは非常に多いのですが
今のあなたは大丈夫ですか?

精一杯テニスを楽しんでほしいなぁと願っています。

「こんなに練習しているのになかなか上達しない・・・」
「コーチの言っていることはわかるのに体がいうことを聞いてくれない・・・」
「何回も同じミスを繰り返してしまう・・・」
「・・・・・」

楽しめない理由はいろいろあると思います。
悩みながらテニスをしている方を見ると本当に辛そうですよね。

「早く抜け出してほしいなぁ」と本当に思います。

今日は不調に落ちいる3つの大きな原因について少しお話します。
よかったらあなたも参考にしてみてください。

その大きな原因とは・・・

1.結果にこだわる
2.形にこだわる
3.多くを望みすぎる

中でも今日は結果にこだわることによる問題をお話します。

直接的な一番の問題は頭の中が思考状態になってしまうことです。
これは他の原因でも同じですが、
脳の中が思考状態になっては集中力が著しく低下します。
ですから、できるだけ考えない状態のほうがプレーには良いわけです。

あなたが調子の良い時の事を思い出してみてください。
ほとんど何も考えていないはずです。

ただ、プレーに没頭しテニスそのものを楽しんでいるでしょ??

スポーツは頭で考えれば考えるほどうまくプレーできなくなります。
これは使う脳が違うためです。

考える脳は左の脳ですが
スポーツは右の脳が大切なのです。

右の脳は感覚やイメージをつかさどる脳です。
この力を使う必要があるんですね。

つまり、スランプや不調になる原因は左脳を使ってしまうことなんです。
左脳ではなくて右脳を活発に働かせることができると
テニスの調子はどんどん上がって上達もメキメキすることになります。

ところが結果にこだわりすぎるとついいろんなことを考えすぎてしまうようになります。

こうなると自分は意識していなくても自動的に左脳が働き出してしまうわけです。
結果、調子が悪くなる・・・
調子の悪い日が続くとスランプに陥る・・・

こんな感じになってしまいます。

さて、それでは結果に対してどのように考えればいいのか??

少しヒントをお話しますね。

結果というものをよ~く考えてみましょう。

この世の中に起こっているすべての事に言えることですが
自分にとっていいことばかりが起こることは絶対にありえません。

実は自分にとって良くない結果は
相手にとっては良いことである可能性が非常に高い事であるのはわかりますか?

例えば
自分がポイントを取られれば相手にとっては良いことです。
また
自分がうまくボールをコントロールすることができなかったことは相手にとってはいい事です。
または
自分がうまくボールにラケットを当てることができなかったことは相手にとってはいい事です。

ですよね??

つまり世の中で起こっている結果には必ず良い面と悪い面が同居しているわけです。
ということは自分にばかり良いことは絶対に起こらないのです。

このことを深く理解することはとても大きなポイントですよ。

少し極端に表現するとあなたと同じぐらいのレベルの方とプレーをすると
50%の確率で良い結果と悪い結果が起こることになるわけですね。

ところがこのことを忘れて良い結果を求め始めると
現実にはあり得ないことを求めてしまうことになるわけです。

こうなると厄介ですね。

いくら考えてもどうしようもない事に対して答えを出そうとすることになります。
つまり、考えても考えても答えが出ないわけです。

当然、頭の中は左脳が元気に働きまくっています。
ところがプレーは逆にどんどん悪くなっていきます・・・

こんな感じになっちゃうんです。

どうです?

結果にこだわることが不調やスランプにつながってしまうことが
何となくわかっていただけましたか?

安心してください。
あなたには無限の潜在能力が備わっていますよ。

ですから、ちょっと大きな気持ちを持って
半分の50%は相手の良い結果(あなたにとっては悪い結果)として認めてあげてくださいね。

そうすれば結果にこだわりすぎず、左脳をお休みさせてあげる事ができます。
そして右脳が活発に働いてくれます。

そうなればしめたもの!
自動的に集中力が上がり、結果的に潜在能力が働きだします。

すると・・・
テニスの調子は上向きにあがります。
そして上達も速まります。

ですからあまり結果にはこだわらないようにしましょうね。

今日のお話は以上です。

そのほかの原因についてはまたの機会にしますね。

では今日はこのへんで!

メルマガ バックナンバー
2 / 2512345...1020...最後 »