メルマガ バックナンバーコンテンツ一覧

ストロークでネットミスを無くす方法

こんにちは!

Feeling Tennisの戸村です。

前回のスマッシュについてはいかがでしたか?

楽しいことは起こりましたか^^

さて、今日はある方から質問を受けましたので

そのことについてお話します。

これは以前からお話している内容ですので

過去からこのメルマガをお読みいただいている方には

重複する内容かもしれませんが・・・

その場合は復習だと思ってくださいね^^

さて、その質問とはネットミスについてです。

その方はショートラリーだとほとんどミスをしないと自信があるそうです。

ところが「ロングラリーになるとすぐにネットミスをしてしまう・・・」

こんな悩みでした。

そこで私は一つ質問してみました。

「どんなネットミスですか?」

「勢いなくネットする感じですか?」

「それともピュッと行ってるけどネットする感じですか?」

すると・・・

「結構ピュッっと行ってます」

なるほど・・・

こうなると簡単です。

もしあなたが同じようなミスが多いのなら

今から説明することを実践してくださいね。

劇的にネットミスがなくなりますから^^

実は原因は目線の高さの違いによるイメージのギャップです。

このギャップをなくすには目線を打点の高さに合わせて見てみることです。

つまりベースラインにしゃがんでネットの高さを確認してみてください。

するとどれぐらいの角度でボールを打ちあげないとネットするかが一目瞭然です。

このとき目線の高さは打点の高さと同じぐらいになっています。

つまりもしも、ボールに目が付いていたなら

ボールから見た画面と同じになっているわけです。

実はこのときのネットの高さに対しての打ち出し角度が

実際に必要な打ち出し角度です。

ところが現実には背の高さがあるだけ

目線は上からネットを見てしまうことになります。

実はこれがイメージのギャップを作ってしまっているのです。

このイメージのギャップが無くなれば一瞬でネットミスはなくなります。

そのためには先ほど書いたようにまずベースラインでしゃがみます。

そして自分が狙う高さを腕をのばして指差します。

この時、注意することは狙う高さはネットすれすれではなく、

できるだけ余裕を持った高さを指差します。

その腕の角度を維持したまま立ち上がります。

すると腕の角度は維持しているわけですから立ち上がった分

指先はかなり上のほうを狙っているはずです。

ですが、実はこのイメージが正解です。

このままのイメージを持ってボールを打ってみてください。

ネットミスはなくなり自分が狙った高さにボールが自動的に飛んでいくはずです。

だまされたと思って一度実践してみてください。

実際にしゃがんでみないとだめですよ。

想像の世界ではうまくいきません。

現実に実践してみてください。

自分がどうしてネットしていたのか、すぐに理解できるはずです。

そうしてネットしないイメージがわかるはずです^^

このようなケースのネットミスをなくすのは

これでだいたいうまくいくと思います。

原因はイメージのギャップです。

これさえなくなれば時間は関係ありません。

たぶん数分で問題解決します。

がんばってくださいね!

さて、今日のお話はここまでですが、

セミナーのご連絡をさせていただきます。

下記日程で「Feeling Tennis ワクワクコミュニティー」を実施します。

今回は日曜日ですお間違えのないように!

このセミナーであなたが日ごろ悩んでいることがきっと解決すると思います。

ぜひ遊びにきてくださいね。

ちなみにセミナーのあとは交流会も実施します。

限られた時間ですが楽しくお酒を飲みましょう!!

それでは!!

【実施日時】4月26日(日曜日)

    17:00~19:00 セミナー&質疑応答&情報交換

    19:00~21:00 交流会

【場所】JR大阪駅前 ヒルトンホテル斜め前 貸会議室 ユーズ・ツウ

http://www.kaigishitu.com/asp/kaigi_chizu.asp?Kigyo_Cd=00200379&Tateya_Cd=001

【参加費用】 5,500円(会場費、交流会費の実費のみとなっています)

参加費用は当日頂戴いたします。

*実費のみの参加料となっていますので、

 万が一キャンセルの場合は全額キャンセル料を頂戴いたします。

 ご了承ください。

それでは今日はここまでです。

お役に立てると光栄です。

それでは、また次回をお楽しみに^^

スマッシュの振り遅れ

こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

ここのところ、急に暖かくなってきた大阪ですが
あなたの所はどうですか?
テニスに適した季節になってきましたね。

ところで先日もご連絡したテニス雑誌掲載の件が
いよいよ正式に決まってきました。
近々お目見えすることになると思います。
お楽しみに^^

さて、それでは今日のお話に入っていきましょう。
あなたはスマッシュは得意ですか?
スマッシュは数あるショットの中でも非常に攻撃力の高いショットです。
そのためにほとんどの場合がウイニングショットとなるケースで使うことになります。
つまり、一番の見せ場で使うショットです(笑)
ということは決まればかっこいいですが、
逆にこのショットをミスすればかっこ悪いだけではなく、
試合ではなかなか勝つことができません。
それぐらい重要なショットです。
ところがこのスマッシュ、案外不得意な方が多いのでが現実です。

あなたはどうでしょう?

そこで今回がスマッシュについて少しお話することにします。
それもほとんどの方が最初に陥るミスについてお話します。

もし、あなたがスマッシュに自信がなければ、
きっととっても役に立つと思います。

さて、まずあなたに質問です。
あなたはスマッシュをミスするときはどんなミスが多いですか?

ラケットの先に当たるミスですか?
それともラケットの根元に当たるミスですか?

実は私の指導経験上、約90%以上の方がラケットの根元に当たるミスをします。
(もちろん一時的にラケットの先に当たるミスをすることはありますが、
継続的にミスする場合はほとんどが根元のミスです)

実はこれには明確な理由があります。
つまりミスをする原因です。

この原因のために約90%以上の人達が根元に当たるミスをしているのです。

つまり、この原因に気付くことができれば、
ほとんどの場合、劇的にスマッシュは改善します。

さて、それではその原因についてお話します。
その原因とはとても簡単なことです。
それは・・・・

振り遅れていることです。
そのために時間が間に合わず、
根元にボールが当たってしまうのです。

ではどうして振り遅れてしまうのか???

誰も振り遅れたくて、振り遅れているのではありません。
あなたもそうですよね?

ですから、振り遅れていることに気がついて、
振り遅れないように意識しても、
ほとんどの場合が効果はありません。
逆に早く振りすぎたりして
「これだけ意識しているのにどうしてうまくできないんだろう・・・」
と悩むことになるでしょう。

ではどうすれば振り遅れないようになるのか?

実は振り遅れているには振り遅れる原因があります。
それは・・・・

ボールに集中するタイミングそのものが遅れていることです。
これがその原因です。

さて、ここであなたに質問です。

あなたはスマッシュを打つ時、どこからボールに集中しますか?
そして、どこからタイミングを合わせるようにしますか?

こう質問するとほとんどの方が
「ボールが上にあがって頂点に来た時ぐらいかな・・・」
こういう答えになります。

実は振り遅れる原因はこれです。

スマッシュをタイミング良くヒットするためには
相手のラケットにボールが当たった瞬間、
つまり、ボールが上にあがって行こうとする瞬間から集中して見ていないといけません。

そして、タイミングはボールが落ちてくる時から計っていたのでは遅くなります。
ボールが上にあがって行こうとする時からタイミングは計ることが大事なのです。
うまくタイミングを計るコツに気付くとたったこれだけの事で
スマッシュは飛躍的に上達することができます。

もしあなたが降り遅れてミスすることが多いのなら、
ラケットの振り方、テークバックを早くすることetc
他の事を一切忘れてこの一点だけにしゅうちゅして練習してみてください。

とにかく、相手のラケットに当たった瞬間、
そしてボールが上にあがって行こうとする時から
ボールを観続けてください。

自然とタイミングが合うはずです。

ただこれだけを練習してくださいね。
きっと楽しいことが起きるはずです。

ぜひお試しください^^

それでは今日はここまでです。
お役に立てると光栄です。

それでは、また次回をお楽しみに^^

ボレー&ストロークのコツ

こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

大変ご無沙汰しています。
かなりの期間お休みしてしまいました。

どうしても先に終わらせるべきことがありまして
こちらに集中することができませんでした。
申し訳ありませんでした。

でも今日から復活です。

改めてよろしくお願いいたします。

さて、まずはお知らせなのですが
近々テニス雑誌にFEELING TENNISが取り上げられる予定です。
また実現しましたらご連絡しますね。
これをきっかけにまた多くの方のお手伝いができればいいなぁと思っています。

ところで、今あなたはどんな事でお悩みですか?

ラリーが続かないことでしょうか?
それとも打球感が心地よくないことでしょうか?
またはボールがどこに飛んでいくか自信がないことでしょうか?
テニスの悩みは尽きませんね。

でも安心してください。
テニスの上達には必ず原因と結果の法則が成り立っています。
本当の原因が解決すると本当に時間に関係なく驚く結果がでます。

それはもう本当にあっけないくらいびっくりするほど簡単にできてしまいます。

でも逆に言うと本当の原因を解決しない限りはいくら一生懸命に練習を繰り返しても
良い結果は出ないのです。

先日も電話で少し話してアドバイスしただけの方が
次の日に驚いて報告の電話をくれました。
アドバイス通りに実践すると
今までどうしても振り遅れてうまく打てなかったストロークが突然
気持ちよく打てるようになったそうです。
感動して連絡をくれました。
このような声を聞くと本当にうれしいですね。

少し前置きが長くなってしまいました。
ごめんなさい。

さて、それでは久しぶりの本題に入りましょう。

今日はボレー&ストロークのストロークがうまく続けることができない方への
アドバイスです。

実はこの悩みは私も持っていた悩みなのです。
ストローク&ストロークだとそれほどは感じなかったのですが
ボレー&ストロークになると
「ラケットを引く時間がない・・・」
「グリップチェンジをする暇がない・・・」
「降り遅れてボールがうまくコントロールできない・・・」
「急にボールがくるので足を動かす時間がない・・・」
こんな悩みが長い間解決することができませんでした。

ですから今ボレー&ストロークで悩んでいる気持はとてもよくわかります。

相手がネットにいるときは甘いとすぐに決められてしまいますしね。
とっても悔しいでしょ!
私もそうでした。

さて、それではそんな方へのアドバイスです。

実践することはとても簡単です。

1.自分が打ったボールがどこからよく観えるか確認する。
 (両目の中心でしっかりとボールの動きを眼で追いかけれている状態のことです。
  黄色いボールが線のように流れているような見え方ではありません)

2.どのあたりから自分の打ったボール観えているかがわかったら
  その観える状態をできるだけ手前から観えるようにします。
 (その時にほかの事を考えているとこの状態になることはできません。
  たとえばフォームのことや飛んでいく方向などを意識しながらではこの状態にはなれません
  ただ単純にできるだけ手前から観ることだけに集中します。

3.目でボールを追い続けて相手のラケットの面に当たる時も
  ボールだけを観るようにします。
 (ボレー&ストロークがうまくできないプレーヤーは
  相手のラケットの面を見てしまう傾向があります。
  一般的にはこのように指導されることもありますが
  これではボールに遅れて対応することができません。)

1,2,3が実践できると体は自動的にボールに対応できるようになるはずです。

ぜひ一度お試しくださいね。

もしこの1,2,3、を実践してうまくいかなかった場合は
個別のアドバイスをさせていただきますよ。
問い合わせくださいね。

でも基本的にはこの順番で実践できればまずほとんどの方が急に改善されるはずです。
頑張ってください。

ちなみにこの方法を実践するとうまくできる理由について少しお話しますね。
実はこのような状況でうまくプレーできていない方に共通の問題は
ボールを打ち終わった後に頭の中で何かを意識していることです。
例えば
「あっ、うまく真中にあたっていない・・」
「次相手のボールはどこに来るだろう??」
「うまく相手のところに帰るかな??」
「今回は良いフォームで打てたかな??」
「これでコーチの言うとおりにできたかな??」
・・・・
数えればきりがありませんがとにかく何かを考える(意識する)
ことでボールが観えていないのです。

その結果、気がついた時にはもう自分のほうに相手のボールが向かってきています。
ところが自分の打ったボールが相手のほうに向っている時から
しっかりとボールが観えるようになると嘘のように時間的に余裕ができます。

この時間の余裕ができると今までの慌てようや悩みが突然解決します。

ぜひお試しを^^

さて、久しぶりの私のお話どうでしたか?
お役に立てると光栄です。

それでは、また次回をお楽しみに^^

メルマガ バックナンバー