イメージ力コンテンツ一覧

テニスに必要なイメージ

イメージが大切な事はもう皆さんご存知だと思います。

ですが、このイメージ、なかなか伝える事が難しいものです。
多くの方がイメージを間違って捉えているようです。

イメージには大きく分けると能動的なイメージと受動的なイメージがあります。
能動的とは自分で沸かそうと思って沸かす事ができるイメージです。

それとは逆に受動的なイメージもあります。
例えば、自分の打ち方や配球を想像する時は能動的なイメージですね。

では受動的なイメージとはどういう物か?
例えば梅干を想像すると唾が出てくると思います。

これは受動的です。
特に何も意識していないのに自動的に反応が起こります。

実はテニスのイメージはこれが大事です。
つまり、経験によって自動的に出てくるイメージです。

これがプレーの基盤になります。
意識して想像しているイメージは多くの場合、願望や希望になりがちです。

これもイメージには違いないのですが、プレーのレベルを上げるか?
となると非常に疑問です。

かえって空回りする事が多い状態です。
プレーのパフォーマンスを上げる為には集中力が高まった状態、つまり、無の状態が大切です。

その為には願望や希望は邪魔になるのです。
何も考えないで無になると本来の自分の受動的なイメージ、つまり、過去の経験から培われた現実が出てきます。

この状態を作る事が非常に大切なのです。
言い換えれば、この時に自動的に自分の力が発揮されるように経験を積んでおく事が必要と言うことになります。

これが練習であり、トレーニングです。
この基盤が無ければ、想像するだけでは受動的なイメージは沸いてきません。

梅干は食べる経験を繰り返して始めて唾が出てくるようになるのです。
1回や2回では出てきません。

いかがでしょう?
テニスに必要なイメージがどういうものか?

伝わったでしょうか??

イメージの勘違い

イメージについて勘違いされている方が非常に多いので、少し、ご紹介。

イメージと妄想は全く違います。


イマジネーションという大きな括りでは、同じかも知れませんが、

両者の決定的な違いは現実の世界からフィードバックされているか?いないか?


テニスに必要なイメージは現実からフィードバックされるイメージです。


例えば、地上20mから飛び降りるイメージ・・・

これは妄想です。


イマジネーションを沸かせる事はできますが、現実にそれを実行することは不可能ですね。

実はこれと同じような事がテニスではたくさん起こっているということです。


フォームや打点一つとっても、現実ではない事をイマジネーションしているわけです。

極端に言うと妄想しているわけです。


では、なぜ、このような勘違いが起こるのか?

それは、体験、経験を先にせずに、正しい目安(アドバイス)を得てしまうからです。


これが妄想を描いてしまう大きな理由です。

例えば、「ボレーの打点はこのあたり(前)です」


これを聞いた時点で妄想の始まりです。

正しいアドバイスです。


でも、経験を伴っていません。

ですから、勝手に前の打点を「妄想」してしまうわけです。


そして、その妄想を実現しようとします。

でも、残念ながら、その妄想は現実とは違うので、現実の世界で実現する事はできません。


それが上達を遅らせる大きな原因です。



「寒い」?「涼しい」?

こんにちは。
Feeling Tennisの戸村です。

今年は涼しいですね?(笑)
先日、名古屋に行った時も雪が積もっててびっくり。
かなりの街中だったのに。。

そんな中「寒い」と言わないで「涼しい」と言うようにしている戸村です(笑)
ちゃんと理由があるんですよ。
言葉はイメージなので、言葉で身体の反応は全然違うんです。

寒いと言えば、体が緊張します。
そうすると、例えば肩こりとかなりやすいし、疲れも早くきます。

試してみましょう(・∀・)b
「涼しい」と聞いた時はどんなイメージが浮かんできますか?
なんか気持ちよいイメージが浮かんできません?

では、次に「寒い」
どうでしょう?
身体がブルブルとなって緊張するイメージになりませんか?

これって身体の自然な反応なんですね。
逆にこれが反応が無いようだと問題です。
自律神経系の働きに問題があります。

さて、これってテニスにも大きく関係します。
このへんを無視しては努力は空回りしちゃいます。

こういうのをもっと上手く活用してもらえるとテニスって簡単に変わっていくんですよ(・∀・)b


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ブログランキング

イメージ力
1 / 612345...最後 »