良いフォームを身につける為に!

当たり前の事ですがテニスが上達する為には
自分の身体をコントロールする能力が高くないといけません。
ですが、実は自分の身体をコントロールする事はそれほど簡単な事ではないのです。

自分の身体なのでつい「自分が思ったとおりに動いて欲しい」
と思うものですが、
実は自分の身体は自分の身体ではないのです。
禅問答みたいですね。

私達の身体は産まれた時そのほとんどを自覚する事ができません。
つまり手がどこにあって、足がどこにあって、耳が、目が、。。。。
これら全てが最初は分からないのです。
自意識がないと言ってもいいかもしれません。
それがいろいろな経験を積む事によって
脳の中にネットワークが作られます。
その結果自分の腕や手や足、その他の部分をだんだんとコントロールする事が出来るようになるのです。

逆に言うとネットワークが出来ない限りは
例え自分の身体の一部であってもその部分をコントロールする事はできないのです。

実はテニスが上達する為には日常の生活ではあまり使わない筋肉や感覚が必要になります。
という事は
まだネットワークされていない部分をコントロールしなければいけない
と言う事なんですね。

つまり、極端に言うと産まれたままの状態の部分を使うという事なのです。
ですから、「自分が思ったとおりに動いて欲しい」と思っても難しいのです。

それが
「頭で解っているのに身体はなかなか言う事を聞いてくれない。。。」
理由なのです。

このような状態から自分でイメージしたようにコントロールできるようにするには
まず脳の中にネットワークを作る必要があるわけです。
(赤ちゃんが自分の腕のネットワークを作ったように)
その時一番大切な事は
「自分の身体を感じる」事なのです。
今自分の身体はどのように動いているのか?
又は動いていないのか?
できるだけ細かく観察するようにするのです。
これがネットワークを作るために一番大切な事なのです。

通常は自分の身体をコントロールしようと身体に命令するのが一般的ですよね。
「ここをこうしよう!」
「足はこういう風に動かそう!」
「腕はこんな感じで。。。」
これらは身体からしてみると命令される事になるのです。

これでは脳の中にネットワークを作るにはとても時間がかかるのです。
その結果なかなか自分の身体をコントロール出来ないわけです。

ところが命令する事を止めて
今自分の身体がどのように動いているのかを観察するようにするのです。
そうする事でより短い時間で自分の身体をコントロールする事が出来るようになるのです。

自分の身体は自分の身体ではありません。

ポイントは自分の身体を観察する事なんです。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

カテゴリー: フォームコメント(0)

テニスが強くなるには!

ところで好きな映画のストーリーって簡単に覚えますよね。
興味が合って内容に吸い込まれるような時って本当に隅々まで覚える事ができます。

実はテニスにもストーリーがあります。
つまり配球や戦術戦略ですよね。

配球や戦術戦略を覚えるためには
まずテニスのストーリーを覚えるようにしなければいけないんです。

案外テニスのストーリーを覚える事ができないプレーヤーは多いんですね。
コーチに
「さっきのボールはこっちへ打つより、こんなボールをこっちへ打った方がよかったんじゃない?」
と言われても。。。
「??????」なんて事起こってませんか?
実は配球や戦術、戦略を覚えるためには
いろいろなテニスのストーリーを覚える事から始まります。
逆にいうとたくさんのテニスのストーリーを覚えたプレーヤーはそれだけ
幅広い戦略を使えるということなんです。

全くストーリーを覚えていない人はその場で考えたり、
実践しようとしてもなかなかできるものではありません。

集中する対象がぼやけてかえってミスを繰り返す事がほとんどです。

ところがストーリーを覚えていると
それを思い出すとイメージとして身体が勝手にそのような戦術を使うようになります。

ですからまずテニスのストーリーを覚える事が大切なわけです。

さあ、ではどうすればテニスのストーリーを覚える事ができるのか?
実は意識して覚えようとすることじゃないんですね^^

それは映画のストーリーを覚えるのと全く同じなんです。

映画のストーリーを覚える時にあなたは覚えようと意識しますか?
しないでしょ。

ただ映画に没頭すればよいのです。
没頭すればあとで思い出す事ができます。
ちなみに映画を見ている最中に前の場面を思い出してみてください。
その時の場面だけあとで思い出せません。

テニスの場合も全く同じなんですよ!
覚えようとする必要はありません。
ただテニスに没頭すれば良いのです。
つまりボールに集中すれば良いのです。

そうすれば後で勝手にストーリーを思い出す事ができます。
それが配球や戦術、戦略を覚える第一歩なんですよ。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

カテゴリー: 戸村コーチの独り言コメント(0)

テニスの上級者達が考えている事

実はテニスは相手の時間をコントロールするスポーツなんです。
どういう意味かと言うと

当然ですが、時間がある方が余裕が出来て効果的なショットが打てますよね。
逆に時間がないとしっかりとした準備ができず、効果的なショットは打ちづらくなります。
場合によってはミスしてしまうかもしれません。

つまり、自分が優位に立とうとすると相手の時間を奪えばいい訳です。
時間を奪うとはどういうことか?
つまり自分が打って相手に到達するまでの時間を短くすればいいのです。
例えばボールのスピードもその一つです。
スピードが遅いと時間が長くかかりますね。
それに対してスピードの速いボールは時間が短くなります。
つまり相手は返球しにくくなります。

またボールを打ち返す場所もそうですよね。
出来るだけネットに近いところで返球する事ができれば
相手はすぐにボールが返ってくるので時間がありません。
だからネットプレーは効果的なんですね。

方法は何でも構いません。
攻撃的なプレイとは相手の時間を奪うようにアイデアを沸かせなければいけないのです。
逆に守備的なプレイとは自分にできるだけ時間ができるようなアイデアを実行している時なんですよ。

どうです?
テニスの時間ちょっと考えてみてくださいね。

blogRanking.gif

にほんブログ村 テニスブログへ

カテゴリー: 戸村コーチの独り言コメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ