スマッシュ 振り遅れ

今日のお話はスマッシュの振り遅れについて。

スマッシュが振り遅れてしまう人の原因のほとんどが上に上がって行くボールに集中できていない事です。

ボールが頂点から落ちてくる時には集中しているんですけどね。

でもこれじゃ振り遅れるのです。

ボールとのタイミングはボールの動きに常に同調している必要があります。

ボールを打つ時にだけボールに集中してもダメなんですね。

どこかで意識がボールからそれるとそれが原因で遅れ始めます。

こんな状態の時は「ボールは見えている」「自分では打てそうと思っている」にも関わらず、実際に打ってみると振り遅れてラケットも根元に当たるミスが出ます。

こんな時に遅れないようにテークバックを速く準備しても結果は変わりません。

それどころか余計に迷路にはまり込みます。

そこに原因はありません。

大切な事は相手のインパクトから常にボールに集中する事。

そうすれば自然と一番良いタイミングでテークバック~インパクトできるようになります(・∀・)b

カテゴリー: スマッシュコメント(0)

フィーリングテニス 8月度 神鍋合宿

先日の神鍋合宿にご参加いただいた方からとっても嬉しいメールが届きました。

魔法使いになってしまったらしい( ̄ー ̄)ニヤリ

「神鍋合宿ではお世話になり、本当にありがとうございました。

あれ以来、またまたテニスが変わりました。

なんて言うか、神ががっています(笑)(昨日のサービス練習では、置かれたコーンに4回連続で命中させ、周りを驚かせました)

特に「戦術」の理解が出来たのか、気が付いたらホイントになっています。(特にシングルスで顕著です。)

そんなこともあり、仲間たちからは「魔法使い」と呼ばれ出しました(笑)

でも、魔法も神がかりも「集中」と「理解」の賜物なんですよね。
頭の中で会話が始まると、すぐに解けてしまいます。(ラケットがゴボウになるみたいです…(笑))

テニスを始めて長くなりますが、今が一番楽しくプレーできていると感じます。
また更なるご指導、よろしくお願いします。

ありがとうございました。」

う~ん♪

ワンダフル♪







カテゴリー: 合宿コメント(0)

フィーリングテニス 8月度 実践クリニック

さて、8月度のクリニックも無事終了。

今回のテーマはサーブ。

実践した内容を少し整理してみますね。

・一人称と三人称のイメージの違いはどこから生まれてくるのか?
(大切なのは一人称のイメージ)
・屈筋と伸筋の違いと伸筋を使うためのイメージの使い方。
・全身を使ってサーブをする為の遠投
体の各ユニットを全て使う為のイメージの作り方
・ボールコントロールの身につけ方
・スライスサーブの感覚を身につけ方

簡単に紹介するとこんな感じです。

今回驚いたのは、遠投の結果が突然変わる事。

急に飛距離が伸びる人が続出。

こうなると当然、サーブを打った時も威力が自然と増すわけです。

人間の体はつくづく面白いですね。

ちょっとイメージを変えるだけで全く動きの質が変わります。

みんなの変化振りに「私ももう一度練習したくなった」

そんなクリニックでした(・∀・)b

カテゴリー: クリニックコメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ