テニス 壁うち

こんにちは。
フィーリングテニスの戸村です。

さて、いきなりですが、あなたの家の近所にテニスボールを打つ事ができる壁があるでしょうか?

もし、あるならとってもラッキー。
ぜひ、壁うちの練習をしてください。

とっても良い練習になりますよ。
壁はとっても強いですから(笑)

絶対に失敗しませんし、自分が打ったボールのまま帰ってきます。
コントロールしたボールなら、コントロールしたボールが。

コントロール出来ていないボールの時はコントロールできていないボールが。

それによって何が一番効果があるか?
集中力が飛躍的に伸びます。

だって、自分さえきちんとプレーすれば延々と決まる事がありません。
これがとっても良い練習になります。

さて、この練習の時のポイント。
それは、フォームの練習をしないこと。

打ち方やフォームは気にしないで、とにかく、プレーを続ける事。
10回、100回、1000回と続けてください。

気がついたらミスが激減している自分に出会えます(・∀・)b

【8月の予定】

8月13日ー14日  Feeling Tennis 愛知合宿
8月20日      Feel Nature 集中力講座
8月21日      Feeling Tennis 実践クリニック
8月27日      マンツーマンサポート 集中感覚力セミナー
8月28日      Feel Nature 集中力講座

【9月の予定】

9月3日       南郷中学校 保護者対象 集中力セミナー
9月4日       NESTA パーソナルトレーナーズサマーセッション2011 講師
9月10日      Feel Nature 集中力講座
9月17日      Feeling Tennis 実践クリニック
9月18日      Feel Nature 集中力講座
9月24日ー25日  Feeling Tennis 岡山合宿



カテゴリー: ストロークコメント(0)

テニス フォアハンド コントロール

こんにちは!
トータルテニスプランニングの戸村です。

さて、早速ですが、あなたの今の悩みや目標は一体何ですか?
ボレーですか?
それともサーブ?
・・・・
私にもその時々に悩みはありました。

私の一番の悩みはフォアストロークのボールコントロールがなかなか身につかなかったことでした。
この悩みが一番根強かったような気がします。
今日はこの悩みを「どのように解決したか」少しお話したいと思います。
あなたにも参考になるかもしれません。

私はテニスを始めたときからボレーのほうが好きでした。
そして実際にボレーのほうが上達は早かったように思います。

それに比べフォアのストロークが苦手でなかなか上達しなかったのを覚えています。
この原因はとても簡単です。

相手のボールが「どこまで飛んでくるか」がわからなかったのです。
ですから、ボールのところに走って行くにも
「どこまで走ればよいかわからない」
「どこで止まればよいかわからない」
こんな状態だったのです。

実際に自分なりにボールとの距離を走りながら動いてみても
結局は体とボールの距離が近すぎたり、遠すぎたり・・・・
とにかくボールが打ちにくいのです。

当然、自分がイメージしているフォームでボールを打つことなどできません。

ちなみに素振りもかなり練習していましたから、
フォーム的には何も問題はありませんでした。
ところがいくら良いフォームでラケットを振ることができても、
実際にそこにボールがないのですから、どうしようもありません。

打点がずれて、ボールが打ちにくいのですから、
当然ボールのコントロールもなかなかみにつかなかったのです。

私は長い間この悩みが解決することができませんでした。
テニス雑誌を読み漁り、先輩にも教えてもらい、テニスコーチにもアドバイスをいただきました。
それでも、この悩みは解決することができませんでした・・・

悩みがどうすれば解決するか、その解決方法がわからない時は本当にストレスです。
もし、あなたがこのような悩みを持っているのなら、
そのつらい気持ちはとてもよくわかります、私も同じ経験をしていますから。

ところがこの悩みを解決するときが来ました。
ある日、突然ボールとの距離感という意味がわかったのです。

どこにボールが飛んできて、どこに走っていけばよいのかがわかったのです。
こうなるといつもボールが打ちやすいところにあります。

フォームも打点も自然と良くなって、当然ボールのコントロールも突然良くなりました。
そして、何よりとても気持ちよくボールが打てるのです。
それまでは詰まったり、泳いだり、力が入らなかったり・・・
とにかくボールがラケットに当たった時の感触が悪かったり、体に違和感があったり・・
それなのに、突然「スパッ!」と気持ちよく振りぬけるようになったのです。

ちょっとしたきっかけでした。
それまで、あれほどいろんなことを試してもどうしようもなかったものが、
ある日、突然変わりました。

私はこの時に思いました。
「上達に時間はあまり関係がないんだ」と。
「コツを見つけなければいくら努力しても結果が変わらないんだ」と。

でなければこの経験はつじつまが合わないのです。
あれほど、苦労していたものがわずか数分でわかったのですから。

それでは今日はこの辺で!

カテゴリー: メルマガ バックナンバーコメント(0)

サーブのコントロールを良くする

こんにちは!
トータルテニスプランニングの戸村です。

いつもご購読ありがとうございます。
今日のお話が少しでもあなたのテニスのお役に立てますように!

こんにちは!
トータルテニスプランニングの戸村です。

いつもご購読ありがとうございます。
今日のお話が少しでもあなたのテニスのお役に立てますように!

「サーブで狙ったコーンを倒せるようになりました!!」

実はこんな嬉しいご報告を
「Feeling Tennisメンタル編」実践中のMさん(30代女性 テニス暦8年)からいただきました。
サーブってテニスではとても大事ですね。
サーブが入らないと試合が始まりませんから。
ところがこのサーブ結構厄介です。
特にボール投げの経験が少ない方、特に女性にとってはなかなか悩みが多いショットです。

ですが、決まればサーブほど気持ちのよいショットはありません。
だって、エースが取れる確率も高いからです。

相手が届かずにエースになる時の爽快感は何ともいえません。
「やったー!!!」って感じです。

さて、今回Mさんには
「戸村様
サーブは安定していないのですが、試合の終盤になると肩があがりません。
ただ筋肉がないだけなのでしょうか?
アドバイス宜しくお願いします。」
こんなご相談をいただいたのです。

実はこのようなケースは、ある間違いが原因なんです。
この間違いは、私の経験上、テニスプレーヤー全体の8割以上が陥っているようです。
そこで、私はこの間違いを解消するアドバイスさせていただきました。
とても簡単なことなんですけどね。

すると、Mさんから
「アドバイスありがとうございました。

その結果、体に負担もなく楽にサーブを打てるようになりました。
そんなに力も入れてなくても、スピードもある程度早くもなりましたし、
サーブ練習の時は、かなり高い確率で、狙ったコーンを倒せるようにもなりました。
ありがとうございます。

自信も少しついたのと、今後の上達を考え初めてシングルスの試合に出ました。
(シングルスの練習もやった事もなかったのですが)
スクールのレベル別の大会(中級までの生徒・男女混合)でした。

全部で4試合で、始めの3試合は集中力もあり、
サーブも調子よくダブルフォルトは1試合1.2回ほどで1勝2敗でした。

最後の試合、疲れもあり集中力がなくなってきた途端、
サーブもファーストが入らず、ダブルフォルトも増え、
ストロークもすべて短くなってコースを狙われて
振り回されて2?1でリードしていましたが、2?6で負けました。

やっぱり集中力は大切ですね。
でも疲れるとどうしても集中ができなくなってしまいます。
この疲れた中での集中は難しいです。

今回、対戦相手がすべて男性だったのでサーブが早く、
返すだけでも大変な時もあり、サービスブレイクするのが難しかったので、
自分のサーブをキープできるかが大きかった事。

私の戦略は、ただストロークを深く打ってラリーをつなげてミスをしない。
これだけでは、やはり中級レベルの男性相手だと相手はミスをあまりしませんし、
早くストロークを打たれると、返すのがやっとで相手に決められるパターンでした。
自分で得意のショット・決め球がないと今後勝てないと思いました。

あとポジショニングが悪すぎました。どこにいればいいのかわからずで。
緊張しましたし、体も筋肉痛でつらかったですが、試合に出てよかったと思います。

これからもFeeling Tennis楽しみにしてますので宜しくお願いします。」

こんなご報告をいただきました。
テニスが上達して、よりテニスが楽しくなる、とても素晴らしい事ですね。
こんなご報告をいただけるのは私にとってもとても嬉しくて励みになります。

もし、あなたにも何か悩みがあればご相談くださいね。
いつでもお待ちしています。

最後までご購読いただいてありがとうございます。
忙しいあなたのお時間を頂戴した事に感謝いたします。

カテゴリー: メルマガ バックナンバーコメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
1 / 212