ダブルスの配球のコツ

良くいただく質問の一つ。
それはダブルスの配球です。

どこにボールを打つか?
これとっても大事ですよね。

いくら良いボールでも配球を間違えると相手を追い込むことはできません。

では配球で一番大切な事は?
こんな質問をされたらあなたはどう答えますか?

・・・

・・・

・・・

では私の答え。

それは「状況把握」です。

配球ってなま物です。

その瞬間、瞬間で違います。

ですから、セオリーを知ったからと言って勝てるわけではありません。


それよりもその場の状況に対応できないと試合では意味がありません。

それにはまず、状況が正確に把握できる必要があります。

逆に言えば状況さえ把握できれば配球を間違える事はなくなります。


ところが、ほとんどの方が配球に興味を持ってしまいます。

その為に状況が把握できません。


これが配球を間違える理由です。

配球はあくまでも「対応」です。

対応には対象が必要ですよね。

その対象が状況把握というわけです。


いかがでしょう?

これが私の答えです。


良かったら参考にしてみてくださいね。



カテゴリー: 戦術コメント(0)

テニス ダブルス 戦術 

今日はダブルスの戦術について。

生徒さんたちを見ていていつも思う事、それは「もっとロブを上手く使うと勝てるのに。。」と言うこと。
ロブの使い方の練習が圧倒的に少ないですね。

実は相手のプレーヤーはスマッシュ力(確率)が高い人は非常にまれです。
相手のプレーヤーもストロークやボレーに比べてスマッシュを練習している人が非常に少ないんです。

なので、スマッシュに弱点がある事が結構あります。
ところが、その弱点を突く事ができないプレーヤーが多い。

つまり、ロブの使い方を知らないわけです。
もちろん、浅くなった打ち頃のスマッシュでは簡単に気持ちよく決められてしまいます。

それじゃダメですが、少し後から打たせ続けるとどこかでミスが出ます。
これを徹底的にすると相手はスマッシュが打てなくなる、またはミスを連発するのどちらかです。

もちろん、スマッシュが超得意な方には通用しませんが、そんな一般プレーヤーは非常に少ないです。
ですから、ぜひ、もっとロブの使い方を練習してみてください。

今まで苦労していた相手や負けていた相手に簡単に勝てる可能性がありますよ(・∀・)b

カテゴリー: 戦術コメント(0)

ダブルス 配球

先週末は愛知の合宿。

今回はかなりの少人数だったのですが、少人数は少人数で深い内容になって楽しいですね。

さて、合宿の最後のメニューはダブルスの配球やポジションなどについて練習を行いました。

その中で気がついた事。

それはもっと素直にボールと同調する事。

これが大切ですね。

ダブルスの配球やポジションと言われるような物には、いろんな常識がありますよね。

また、マニュアルもたくさん出回っています。

それらの情報はみんな正しい物でしょう。

否定はしません。

ただ、問題はそのマニュアルに書いてある内容を身につけるには?

ここがポイント。

残念ながら、マニュアルに書いてある事を意識して練習しても身につきません。

マニュアルは結果です。

その事に気がつくまでの過程が大切なのです

では、その過程で必要な事は?

これがボールへの同調。

ボールと同調する事ができると自然といつ、どこで、何をするべきか?

自然と解ってきます。

話を戻しますが、今回の合宿でも私がした事は?

ただ、ボールと同調するように誘導!誘導!誘導!

これだけ。

するとどうなるか?

自動的に身体が動き出し、今までとは全く違うスピードで動きます。

そして、正確にボールをコントロールし始めます。

人間って本当に面白いものです。

カテゴリー: 戦術コメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
1 / 212