テニス バックハンド トップスピン

バックハンドのトップスピンで悩んでいる方へ。

まず、スピンをかける意識を捨てましょう。

意識すればするほど、実は身体は上手く動いてくれません。

それよりも大切な事はまず、タイミングよくボールをしっかりと捕らえる事。

これが一番大切です。

ボールを捕らえることができれば、そこに変化を加える事はそれほど、難しい事ではありません。

でも、逆にボールを捕らえていないと、なかなかボールに変化を加える事ができないのです。

つまりトップスピンもかからないということです。

まずは素直にボールを捕らえてみましょう。

これが一番大切です(・∀・)b


カテゴリー: ストロークコメント(0)

トップスピンのかけ方

今日はトップスピンのかけ方についてです。


ストロークではトップスピンをかけるとコートにインする可能性が高くなりますから、

ぜひ、身につけたいショットですね。


では、どうすればトップスピンがかかるか?

実はとっても簡単です。


トップスピンをかける事ができない方は大きな勘違いをしています。

その勘違いとは???


まず、トップスピンとはどんな物か?

そして、どうしてトップスピンがかかるのか?


これを間違っているのです。

トップスピンをかける為には一般的にはラケットを下から振る事で、

かかると指導される事が非常に多いのですが残念ながら、

これでは、間違ったイメージを描いてしまいます。


いくら下から振っても、どうしてスピンがかかるのか?

のイメージが間違っているとトップスピンはかかりません。


このイメージがわかれば、トップスピンはとっても簡単に打つ事ができるんですけどね。。。




カテゴリー: ストロークコメント(0)

トップスピンロブ

今日はトップスピンのロブについて。

トップスピンロブって聞くと、どうしてもトップスピンをかける事が大事に思いがちですが。。。

実はそうではないんです。


大切な事は基本的な弾道です。

回転で落とすのではなく、きちんと上向きに飛んでいくボールを打って落差が大きいボールが打てる必要があります。


この弾道のボールに回転をかけると距離感もしっかりした上に、しっかりとベースラインで落ちるボールになります。

ですから、まず、フラット気味で良いので、しっかりと落差のあるロビングを練習します。

これ、けっこう大事です。


以上、今日はトップスピンロブでした(・∀・)b



カテゴリー: ストロークコメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
1 / 212