ナダル トップスピン

ナダルが全米オープン決勝進出しましたね。

ジョコビッチとの対戦も楽しみです。

ところで、ナダルと言えばトップスピンのショットが凄いですが、
よくあれだけハードに打ってボールがコートに入ると思いませんか?

フルショットで打つとどうしても、ボールはアウトしがちですよね。

最初はなかなかフルスイングしてコートには入りません。

では、どうすれば、フルショットでも、ちゃんとコートに入るようになるか?

その為にはボールに回転をかける事が一つのポイントになってきます。
ナダルのボールには強烈なのトップスピンがかかっています。

その為に、物凄い勢いでボールが飛んでいるにも関わらず、ボールはコートに収まってくれるのです。

もちろん、ただ、回転をかければ良いというわけではありません。
きちんとボールの距離感を掴まなければいけません。

でも、トップスピンをかけるテクニックを覚える事はとても大切です。

興味のある方はどんどん、トップスピンに挑戦してみてください。

フィーリングテニスにはトップスピンの為のテキストもあるので、こちらも良かったら活用してみてくださいね(・∀・)b

トップスピンマスター 6つの心得


【9月の予定】

9月3日       南郷中学校 保護者対象 集中力セミナー
9月4日       NESTA パーソナルトレーナーズサマーセッション2011 講師
9月10日      Feel Nature 集中力講座
9月17日      Feeling Tennis 実践クリニック
9月18日      Feel Nature 集中力講座
9月24日?25日  Feeling Tennis 岡山合宿

【10月の予定】

10月15日     Feel Nature 集中力講座
10月16日     Feeling Tennis 実践クリニック
10月23日     Feel Nature 集中力講座



カテゴリー: ストロークコメント(0)

トップスピン 打ち方

こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

さて、今日はトップスピンについてお話します。
ストロークにおいてトップスピンをかけたほうが有利だと言う事は多くの方が認識しているでしょう。

ところで、あなたはトップスピンは得意ですか?

トップスピンとは順回転のボールですがこの回転のかかったボールは空気の抵抗によって下へ向かって行こうとする特性を持ちます。

その為に距離を短くコントロールする事ができるわけです。
テニスを始めると最初殆どの方がアウトに悩む事になります。

テニスはコートという限られた範囲でプレーするスポーツですから、コートに入らなければ楽しむ事はできませんね。

ところがボールにトップスピンをかける事ができるようになると、距離を安定させる事ができますから安心してボールを打つ事ができるようになります。

「アウト・・」
「ネット・・」
と悩まなくても言いわけです。

ボールの距離で悩んでいる方には是非習得していただきたいボールですね。

またトップスピンのボールは先ほども言ったように地面に向かおうとする特性がありますから、ネットプレーヤーの足元に打つには最適です。

ボレーの攻撃力を半減させる事ができます。
「ネットプレーヤーとの対戦は苦手だ・・・」
「パッシングショットが上手く打てない・・・」
「足元に沈めるのは難しいなぁ・・・」

あなたはこんな事を感じたりはしませんか?
こんな問題を解決するにはトップスピンの習得は効果的ですね。

最後にもう一つお話します。
それはトップスピンのボールは地面についてから高くそれも相手のほうへ向かって弾んでいく特性を持っていることです。

これは相手にとっては非常に驚異です。

テニスはボールを捕えるタイミングでミスが発生します。

その為に地面にバウンドした後
「伸びるボール」
なのか
「伸びてこないボール」
なのかが非常に大きなポイントになります。

もちろん初級者には「伸びるボール」を打つ前に「ボールの距離をコントロールする」事が大切になりますが初級者を卒業する為には「伸びるボール」を習得する事はとても大きなポイントになりますね。

あなたが中級者、または上級者を目指すのであればこのイメージはとても重要ですよ。

さて、このような特性を持つトップスピンですが実は習得するのはそれほど難しい事ではありません。

ところがトップスピンがかからずに悩んでいるプレーヤーがたくさんいます。
恥ずかしながら昔の私自身もそのうちの一人でした。

自分では回転をかけているつもりなのですが何故だかなかなか回転がかかってくれないのです。

グリップを変えたり・・・
テークバックを工夫してみたり・・・
ラケットヘッドを下げてスイングしてみたり・・・
手首を使ってみたり・・・
オープンスタンスにしてみたり・・・
下から上に振り上げてみたり・・・

いろいろ試すのですがなかなか上手くいきませんでした。

ところが実はこれは当たり前のことだったのです。
何故ならこれらは回転をかける為のコツとは全く関係がなかったからなんです。

トップスピンがかからない本当の原因はこういうことではなかったのです。
ですから良い結果が出なくても当たり前ですよね。

長い間私も回転がかからずに悩んでいましたが、ある事がきっかけでトップスピンをかける感覚がわかりました。
そうして私の大きな悩みは解決したんです。

トップスピンをかける事が出来るようになると
「相手が緩く返球してくるボールに対して思い切って攻撃していける!」
「レシーブで相手の足元を鋭くえぐる事ができる!」
「強く打っても安定してコートにコントロールできる!」
「パッシングショットが得意になる!」
・・・・
こんなプレーを手に入れる事ができます。
あなたの目指すプレーに近づきませんか?

さて、トップスピンを習得する事に興味がある方は
是非「Feeling Tennis」サービス&ストローク、またはトップスピンマスター
を実践してみてくださいね。

段階的に必要な感覚をご紹介していますから
とっても簡単にトップスピンを習得する事ができると思います。
ちなみにトップスピンを習得する為にパワーやセンスは殆ど必要ありません!
誰でもOKです!

ただ今までと違う発想の転換は必要だと思います。
ただそれだけです。

カテゴリー: メルマガ バックナンバーコメント(1)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
2 / 212