チャンスボールをしっかりと決めるには?

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

早速ですが、今日は先日のレッスンで発見したポイントについて紹介しますね。
もしかしたらあなたにも同じ事が起こっているかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

フットワークを良くするにはボールを集中し素直にボールに反応する事が大事です。

特に相手のラケットにボールが当たる瞬間、
ボールにしっかりと集中しているプレーヤーはボールだけがはっきりと観える状態になります。

ところがボールへの集中力が低いプレーヤーは相手のラケットの動きやフォームが見えます。
その結果ボールへの反応が遅れ、フットワークが遅れます。

もちろん、ショットのレベルも下がり、パフォーマンス全体が下がります。
つまり、言い換えればプレーのパフォーマンスを上げるにはボールへの集中力を上げれば良いわけです。

・パフォーマンスを上げるには?

「ボールに集中する⇒ボールだけを観続ける⇒相手の打つ瞬間もボールがはっきりと観え始める

⇒相手のボールへの反応が速くなる⇒フットワークが良くなる

⇒ボールを打ちやすい打点に早く移動できる⇒ボールをしっかりとヒットできる

⇒ボールのコントロールや威力が向上する⇒パフォーマンスが上がる」

こんな感じです。

さて、それでは、先日のレッスンでの発見です。

実はそのプレーヤーは自分がナイスショットした後のショットでミスをする事が非常に多かったんですね。

例えば。
相手がやっと返したボールをミスする
相手の当たりそこないの短いボールに追いつかない
・・・・

こんな感じです。
では、なぜ、こんな事が起こっていたか?

実はその方は自分のファインショットを打った跡、相手の動きを見ていたようです。
と言うのは、自分のショットが良かった為に、「そのボールに相手が追いつくことができるか?」

これが気になっていたそうです。
なるほど、気持ちはわかりますよね。

良いショットを打てば、場合によってはそれはエースになる可能性がありますから。
その為にこの方はボールを観続けるのではなく、相手の動きを目で追いかけていたわけです。

そうなると当然、相手がボールを打つ瞬間は観えません。
感覚的には突然ボールが帰ってくる感じです。

こうなるともちろん、足も遅れてしまいますよね。
ボールとのタイミングも合わせる事ができません。

実はこれがナイスショットの後のショットをミスしてしまう原因でした。

さて、この事に気がついてから彼のプレーはどうなったか?
次のボールへの反応が良くなり(自然になり)、フットワークが良くなりました。

そうすると自然とボールとのタイミングが合うようになりました。
そして、ボールは?

そうです。
急激にミスが減って、しっかりと次のショットで決めれるようになったのです。

さて、いかがでしょう?

「ナイスショットの時にボールではなく相手を見てしまう」
もしかしたら、あなたにも同じような事が起こっているかもしれません。

また、相手ではなくてもボール以外の物を無意識のうちに観てしまっているかもしれません。
ちなみに、彼はこの事に、気がついていませんでした。

私からのアドバイスで初めて気がついたのです。
実はこういうケースが非常に多いんですね。

自分が本当は何を観ているか?
案外、自分自身が一番分かっていないものなんですね(・∀・)b

本日のお話は以上です。
良かったら参考にしてみてくださいね。


いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。

カテゴリー: ストロークコメント(0)

テニスはなぜミスをするのか?

テニスはミスのスポーツと言われますが、なぜ、ミスをするのか?

どうしてでしょうね??

自分はミスをしたくないのにミスをしてしまうんですよね。

この原因が分かれば解決するヒントが見えてきます。

ちなみにミスをしないように意識しても、ミスはなくなりません。

だって、原因はそこではないから、それが証拠にミスしないように意識しなくても上手くいく時もあります。

逆にミスをしないように意識してもミスする時もあります。

つまり、本質的な原因はそこではないと言う事。

この事に気がつく必要があります。

でないと結果が出ない努力で空回りする事になります。

では、何が原因なのか?

一つの大きな原因に目の使い方があります。

ミスをする時のほとんどが目の使い方を間違ってしまいます。

練習をしているのにミスがなくならない人は目の使い方を間違っている事がほとんどです。

でも、残念な事に目の使い方って指導される事がまずありません。

みんな気づいてないんですね。

「目は見えている」「ボールは見えている」と思ってしまっているんです。

でも、違います。

この目の使い方を身につける事が非常に大切です。

目の使い方を知ると、ボールに対して遅れなくなります。

それが結果的にミスがなくなる事に繋がります。

詳細に興味がある方はメルマガに登録してみてくださいね。

動画でご覧いただけます( ̄ー ̄)ニヤリ

テニスがもっと楽しくなりますよ。


カテゴリー: 戸村コーチの独り言,未分類コメント(0)

間違いのミスはありません

こんにちは!
Feeling Tennisの戸村です。

今ふと気がつきました・・・
私がこのメルマガを書き始めて何と290回目です・・・

我ながらよく続いているなぁと感心しています。
週に2回のペースで配信していた時もありますが
結構な月日が経ちました。

内容はどうあれ、私のその時感じていることを書き綴ってきましたが
それなりにお役に立てたこともあるようです。

これまでにけっこうの量のメールをいただくことができました。
ありがたいことです。
本当に感謝しております。

さて、いきなり感慨深い思いになってしまいましたが
これからも思った事を書き綴ってまいりますのでよろしくお願いいたします。

ところで先日テニス雑誌「スマッシュ」の原稿を書いている時に感じた事を
少しお話したいと思います。

実は脳には間違いという概念はありません。
特にスポーツにおいては間違いはないのです。

体は常に脳が描いたイメージ通りに動いてくれています。

ところが結果をミスした場合に「間違った・・・」と感じてしまう方がいます。
そして、間違わない方法を探そうとする方がいます。
でも実はそんな方法は存在しません。
そうして、閉回路の迷路に迷い込んでしまいます。
考えても考えても上達することができません。
とても苦しいテニスです。

正直私にもそんな時期がありました。

今日はそんな方にヒントになればと思います。

先ほども言いましたが脳と体に間違いはありません。
常にイメージに基づいて正確に動いています。
ではどうしてミスが発生するのか?

実はミスと間違いは全く次元の違うものだからです。

結論を言うと成功(上達)はミスの先にしか存在しません。

これはどういう意味かというと、
上達するとは小脳にそのスポーツに応じた神経回路を作ることなんです。
この回路はミスをすることで正解を探すように作られていきます。

少し例え話をしますね。
ここに10本の糸があります。
その先の1本だけに飴玉がついています。
糸の先は見えません。
あなたは飴玉が欲しくて糸を引っ張ります。
1本目「はずれ・・」
2本目「はずれ・・」

さあこのときのはずれは正解ですか?
それとも間違いですか?

間違いではありませんよね。
何故ならどんなに遅くても10本目には必ず飴玉に繋がるからです。

お分かりになりますか?

つまり、ミスをすることが成功へとつながっているのです。

脳はこのような考え方で神経回路を作っていきます。
ですからミスすることなく上達などはありえないのです。
安心してくださね。
あなたのミスは間違いではありません。
成功へ近づくために大切なミスなんですよ。

あせらずミスを楽しんでくださいね。

ミスを間違いだと勘違いしてしまうと
焦ってミスしない方法を探したくなります。

でも実はそんな物は存在しません。

そのままミスを受け入れ楽しんでいるとゴールが見えてきます。

ところがミスしている道を間違った道だと思って、
引き返してしまうとせっかく、もうすぐゴールが見えてくるのに反対方向に進むことになります。
そして、次の道も同じことです。
ミスを受け入れ楽しんでいるとゴールが見えるはずなのに・・・
また、間違いだと思って引き返してしまう・・・
こうして閉回路に入ってしまいます。

でも、安心してください。
実はこの閉回路から抜け出すことは簡単です。

それは、成功はミスの先にしかない事を知ることです。
そしてミスを受け入れ楽しむことです。

たったこれだけです。
安上がりでしょ(笑)

たったこれだけであなたの脳と体は自動的に成功する為の神経回路を作ってくれます。
間違いなくです。

安心してください。
そして、自信を持ってください。

焦って引き返せば引き返すほどゴールは遠のいてしまいます。

焦って引き返したくなったら、良かったら私にメールをください。
少しはお役に立てるかもしれません。

それでは、今日はここまでです。

カテゴリー: メルマガ バックナンバーコメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
1 / 212