テニス ノーミスのラリー

久しぶりにストロークの1000回ラリーに挑戦してみました。

1000往復をノーミスでとにかく打ち続けます。

するとボールはどうなるか?




実はこんな感じになりますw(゚ロ゚;w

今日のコートはオムニコートでしたがクレーなら、もっとどろどろに。

ハードならフェルトが無くなってツルツルになります。


時間にして約1時間、ノーミス。

あー疲れた。。。


もっと体力あげないとね(笑)


カテゴリー: 戸村コーチの独り言コメント(1)

テニス ウイニングショット

テニスではウイニングショットの確率がとっても大事になります。

いくらラリーが良くても、最後のショットの確率が悪ければポイントを取る事はできませんよね。


ラリーが良かったか?悪かったか?

ボールに威力があったか?なかったか?


これらはポイントには関係がありません。

極端に言えば、当たりそこないのボールでも、決まればポイントです。


そういう意味でウイニングショットの確率は非常に大事です。

とにかく、最後にしっかりとポイントが取れないといけないのです。


例えば、緊張した試合の場面でも、やはり同じように打てないといけません。

その為には普段からしっかりと練習が必要です。


ところが、案外このウイニングショットにかける時間が少ない事が多いのです。

人のいる所に打てるようになっても、ウイニングショットが打てるようになるわけではありません。


ここはしっかりと練習してくださいね(・∀・)b



カテゴリー: 戦術コメント(0)

テニス フットワーク

こんにちは。
フィーリングテニスの戸村です。

早速今日のお話。
今日はフットワークについて。

テニスって昔は「足ニス」なんて、冗談があったほど足が大切です。

コートって思っている以上に広いでしょ。
動きが悪ければ、悔しい思いばかりする事になります。

動きが止まったら終わりです。
そういう意味ではちょっとボクシングに似ていますよね。

さて、では、そのフットワークですが、一般的には速く動くことが大切なように思われがちです。
でも実はテニスにフットワークはそんなに単純ではありません。

もちろん速く動く事も必要ですが、それ以上に大切なのが素早く止まる事。
つまり、ブレーキ。

そして、方向転換。

こういう速さが同時に必要なんですね。
ちなみに、ブレーキ性能が足りないプレーヤーは長いラリーになると苦しくなります。

単発ならまだOKなんです。
でも、ストップ&方向転換&ダッシュを繰り返すとぼろがでます。

また、サービス&ボレーのフットワークにも問題がでてきます。

ブレーキはとっても大事です。
場合によってアクセルを鍛えるより、ブレーキを鍛えたほうが結果がでるプレーヤーがたくさんいます。

以上、今日のお話はテニスのフットワーク、それもブレーキについてでした?


【8月の予定】

8月13日?14日  Feeling Tennis 愛知合宿
8月20日      Feel Nature 集中力講座
8月21日      Feeling Tennis 実践クリニック
8月27日      マンツーマンサポート 集中感覚力セミナー
8月28日      Feel Nature 集中力講座

【9月の予定】

9月3日       南郷中学校 保護者対象 集中力セミナー
9月4日       NESTA パーソナルトレーナーズサマーセッション2011 講師
9月10日      Feel Nature 集中力講座
9月17日      Feeling Tennis 実践クリニック
9月18日      Feel Nature 集中力講座
9月24日?25日  Feeling Tennis 岡山合宿



カテゴリー: テニスフットワークコメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
1 / 212