上達する速度を上げるには?

こんにちは!
フィーリングテニスの戸村です。

さて、今日は記憶する速度について少しお話します。
結局、テニスが上達すると言う事は脳にテニスの上達に必要な情報を記憶することです。

ですから、記憶する速度によって上達の速度が変わってくるわけですね。
つまり、記憶する速度を上げると言う事はテニスが早く上達するという事になります。

いくら練習をしても同じミスを繰り返したり、
新しい技術を習得する事ができなければ、上達したとは言えませんよね。

さて、それでは、記憶の速度の違いについてです。

車の運転をされている方なら、これからお出しする質問の答えはすぐにわかると思います。
車を運転しない方も少し考えてみてください。

では、質問です。

下記の二つの場合、道を覚える記憶の速度、または鮮明さはどちらのほうが優れているでしょう?

1.自分で地図を確認して運転した場合
2.他人に道を教わりながら運転した場合

さて、いかがでしょう?

答えは明らかに1番です。

車の運転をされている方は実際に体験しているでしょうし、
運転されない方もなんとなく、想像がつくのではないでしょうか?

この両者の記憶は明らかに1番のほうが優れています。
同じ道を覚える場合でも全く違う速度で覚えることになります。

もちろん、同じ人が。

つまり、「能力は関係がない」と言う事です。
素質や才能で決まるわけではなく、状況によって記憶は大きく変わると言う事です。

では、このお話をテニスに置き換えてみましょう。

1.自分で必要な事に気づいた事を練習している
2.コーチに教わった事を練習している。

同じ技術を習得する場合、この両者ではどちらが早く上達する事ができるか?

答えは1番ですね。

ここで、一番大切なポイントは「自分で気づいた」かどうか?

「これは必要だよ」と聞いて、「なるほど、必要なんだ」と知ったのか?
それとも、自分の体験から自らが「これは必要だ!」と気づいたのか?

ここが記憶の速度に大きく関係します。

誤解を恐れずにお話するとテニススクールやテニスコーチに教わると後者になる可能性が非常に高いです。
ですから、一生懸命練習しているにも関わらず、「なかなか上達しない・・・」
こんな事が起こるんですね。

これは、後者の状態で練習しているから。
先程も言いましたが、才能や素質ではありません。

ただ、記憶する速度が遅い状態で練習しているだけ。
だとしたら、どうしたら良いか?

答えは簡単ですね。
記憶する速度が速くなる状態で練習すれば良いんです。

そうする事で今までよりも何倍も早く上達する事ができます。
いかがでしょう?

練習の量はとっても大事ですし、やる気やモチベーション、努力も大事です。
でも、だからといって上達できるとは限らないんですね。

以上、今日は記憶の速度についてご紹介しました。
良かったら参考にしてみてくださいね。

いつも長文お読みいただいて本当にありがとうございます。


フィーリングテニス

戸村基貴

カテゴリー: メルマガ バックナンバーコメント(0)

テニスは考え方を変えると急激に上達します。

これはテニスだけではないかもしれませんが、
考え方、捉え方は非常に大切。

なぜならこれは全ての言動の元になるからです。
ちなみにテニスでもこれが非常に大切です。

伸び悩む多くの方は取り組むべき課題が見つかったらその課題をクリアするように意識して練習します。
例えばショートクロスにボールをコントロールして相手を抜くドリルがあったとしましょう。

するとほとんどの人はショートクロスにしっかりとコントロールして相手からポイントを奪うことを意識して練習すると思います。
でも、残念ながらそれではなかなか上達しません。

では、どうすれば良いのか?
ちょっと考えてみてください。

もちろんショートクロスにボールをコントロールする事は非常に大切です。
またこの課題をクリアしていくことも大事です。

ですが、そのことを意識してもなかなか実践では使える状態にはなりません。
一言で言えば非常に脆いプレーヤーになりがちです。

さて、それでは、答えです。

答えは自分がイメージしている事が起こらなかった時のリカバリーを練習するべきです。
つまり、ショートクロスにコントロールしてポイントを奪う練習の時には
ショートクロスに上手くコントロールできなかった時にしっかりと対応できるように練習しておくべきなのです。

ショートクロスにコントロールする事は既に戦術上、決まっているわけです。
後はただ、打つだけ。

ところが、実際には相手のボールが予想以上に良かったらしっかりとコントロールする事が難しい場合もあるでしょう。
また、逆に自分はしっかりとコントロールしたけれども相手もそのボールにしっかりと対応する場合もあります。

と考えれば自分だけがショートクロスにいくらコントロールしようとしても
実はあまり意味がないことです。

現実的ではないのです。
それよりもしっかりとコントロール出来ようが出来まいが関係なく、次のリカバリーが
しっかりと出来なければ安定したプレーはできないのです。

一言で言えば、テニスはリカバリーが非常に大切なのです。

その為にテニスは「イメージしたことが出来るようになる練習」よりも
「イメージしたことが出来なかった時に対応できる力をつける練習」が非常に大切なんですね。

でも、これってこういう考え方が出来ないと練習できないことです。
いかがでしょう?

考え方が大切なのは何となくでも分かっていただけたでしょうか。


カテゴリー: メンタルトレーニングコメント(0)

40歳からテニスが上手くなるには?

さて、今日の話題は40歳からのテニス。
40歳のテニスと言えばやっぱり伊達さんを思い出しますが、彼女は凄いですね。

まだまだ進化してます。
彼女の活躍を見ると勇気をもらう方も多いと思います。

さて、一般の方でも40歳からでもテニスは上手くなれるか?
もちろん、まだまだ上達する事ができます。

実際にフィーリングテニスを実践されている方は中高年の方が圧倒的に多いです。

では40歳からのテニスではどんな事がポイントになるか?
一番のポイントは体力に頼らない事。

この時期に体力的な事を重視するといろいろ問題が出てきます。
と言うより、上達も難しいです。

ちなみに体力と言うのは打ち方やフォームの改善も同じ意味ですよ。
フォームや打ち方はその人の筋肉や体の使い方から大きな影響を受けます。

ですからここをいくら改善しようとしてもすぐに限界来ます。
そんな物は自然と変化していく事に任せれば良いんです。

それよりも感覚を磨く事です。
ここには無限の可能性があります。

この感覚の世界は逆に経験が役に立つので40歳からテニスを始めても急激に上達する事ができます。
伸び悩んでいる40代の皆様、ここ伸ばしてください(・∀・)b


カテゴリー: 中高年 テニスコメント(0)

テニスコーチ 戸村基貴のブログ
1 / 512345